• ホーム
  • 芸能
  • 「家族の絆」「夫婦の想い」をスマホが繋ぐ 優しさに満ちたラジオドラマに注目

「家族の絆」「夫婦の想い」をスマホが繋ぐ 優しさに満ちたラジオドラマに注目

 スマートフォンが普及し、さまざまなサービスをいつでもどこでも手軽に受けられるようになった現代。人と人とのつながりも、スマートフォンやSNSサービスの普及により変化している。そんな時代を背景に、NTTドコモが別れた夫婦、離れた家族の心が再び近づいていく様子を描いたラジオドラマ『スマートフォン家族再生物語』を制作。21日から2014年3月まで、10の物語を紡いでいく。

スマートフォンのサービスが繋ぐ、家族の再生物語

 同ドラマに登場するのは、まだスマートフォンがなかった7年前に離婚した父(吉沢悠)と母(田中美里)、娘、息子の4人家族。父と母は7年前、仕事や育児など、自分の目の前の事で精一杯になってしまい、お互いを思いやれなくなっていた。結局夫婦は別れて暮らすことを決意。父が娘を、母が息子を引き取り、4人家族は“元家族”になる。

 それから年月が経ち、父と母は若かったあの頃の選択を後悔している。人として成熟したであろう今ならばきっとうまくやれるはず…。月に1度、4人で会う時に、復縁を持ちかけようと思うものの、意地やプライドが邪魔をして素直になれず「もう一度、一緒に暮らしたい」のひと言がなかなか言い出せずにいる。しかし、スマートフォンを通じて“元家族”は少しずつ絆を取り戻していく…。

 吉沢と田中は複雑で繊細な大人の心や夫婦の想いや家族の絆を細やかに表現。主題歌を担当するのは土岐麻子。松任谷由美のヒット曲「Hello, my friend」を歌う、その優しい歌声も必聴だ。

今だからこそのコミュニケーション術と変わらない家族の愛

 NTTドコモは同ドラマ制作の理由について「“スマートライフのパートナーへ。”のスローガンのもと、d ヒッツ、d fashion、d トラベル、はなして翻訳など、さまざまなサービスを提供し続けています。これまでできなかったことが、手のひらで気軽に実現できる一つ一つのサービスが、便利を提供するだけでなく、このドラマに登場する主人公たちのように、一人ひとりをつないでいくことができたら。少なくともそのきっかけになることができたら。そんな思いを込めて制作しました」とコメントしている。

 “ケータイ1人1台時代”“スマートフォン時代”と言われる今だからこそのコミュニケーション術と、いつの時代も変わらない普遍的な家族の絆、夫婦の愛を織り交ぜた同ドラマ。側にいる人に優しい言葉をかけたくなる、そんな気持ちになれるかも!?

【『スマートフォン家族再生物語』詳細】

放送開始日
2013年12月21日(土)〜2014年3月 全10作
「登場編」(12月〜1月)
「家族再生に向けて?」(1月中旬〜2月)
「家族再生に向けて?」(3月)

放送局
東京FM「DOCOMO LOVE Family」(毎週土曜8:00〜8:55)12/28〜
NACK5「DOCOMO SAITAMA STYLE」(毎週土曜12:00〜12:30)12/28〜
FM横浜「いつもふたりで…」(毎週土曜19:00〜20:00)12/28〜
J-WAVE「DOCOMO SOUNDS OF STORY〜ASADA JIRO LIBRARY〜(毎週土曜20:00〜20:54)12/28〜
J-WAVE「DOCOMO BODY AND SOUL」(毎週日曜23:00〜23:54)12/29〜

その他
J-WAVE 年末年始特番(12/31 ANNUUAL COUNTDOWN、1/1ホリデイスペシャル(※4話まで)
◆特設WEBサイトでも視聴可能。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!