• ホーム
  • デジタル
  • LINEスタンプとしても年賀状にも 似顔絵アプリ『指キャラメーカー』を使ってみた

LINEスタンプとしても年賀状にも 似顔絵アプリ『指キャラメーカー』を使ってみた

 クリスマスや年末年始など、気持ちを伝えあうイベントが増えてくるこの季節。気持ちを伝え合うといえば昨今は『LINE』が人気だが、“人とかぶってしまう”ことや“自分の気持ちをズバッと表現しているスタンプが少ない”ところが悩みの種。そこで、AGF(味の素ゼネラルフーヅ)が提供する人気アプリ『指キャラメーカー』で、自分だけの似顔絵スタンプを作ってみた。

まずは似顔絵を作る

 同アプリは「男の人の指」、「女の人の指」、「子どもの指」の3種類をベースに、髪型や目、鼻など全8アイテムからパーツを選んで自分に似た“指キャラ”が作れるというもの。12月16日からは「クリスマス・お正月限定パーツ」が追加され、より遊べるように。

 さっそく作ってみることにする。似顔絵は髪型から顔立ちまですべてを選択する「自分でパーツを選択」と、ケータイに保存されている写真をもとにする「自分の写真を選んで作る」、ケータイのカメラを使いその場で撮影する「写真を撮影して作る」の3パターン。

 自分で一つひとつのパーツを選ぶと自由度が高く、ちょっとイケメン&美女風に盛ってみたり、友だちの似顔絵を作ったりする時に重宝しそう。女の人の指から好みの指先の形を選択し、インカメラで自撮りしてしばし待つと…パッと自分の顔立ちに近いパーツで変換されます。ほぅ、こんな顔に…。自分ですべてのパーツを選んだ時とは異なる雰囲気ですが、こっちの方が似ているかも! 目や髪の位置を微調整し、クリスマスっぽい帽子を頭に乗せて似顔絵は完成!

背景&コメントも自由に作成!

 背景はアプリに内蔵されているもののほかに、自分のケータイに入っている画像を使うことが可能。まずはアプリ内のクリスマスバージョンをセットしてコメントを入力して登録。続いてはケータイで撮った画像をチョイス。クリスマスっぽいものをセレクトしてみました。拡大・縮小のほか、位置の移動もできます。

 完成した似顔絵はFacebookやTwitterに投稿したり、SNSのアイコンに使ったりすることができます。LINEのスタンプとして使いたい場合は「携帯に保存する」を選択。LINEでは「写真を選択」を選んで作った似顔絵を送信すると、スタンプ風のコメント付き似顔絵を送ることができます。

 手軽に作れる上に内輪ネタや“今の気分”もコメントで表現できる同アプリ。作った画像は年賀状に取り込んだりシールを作ったりすることもできる点も魅力です。ちなみに、記者は作った似顔絵をLINEに流してみましたが、「プレゼントください!」という願いにリアクションしづらかったのか、友だちからのリアクションは1人だけでした。年末年始のあいさつスタンプでリベンジしたいと思います!

【指キャラメーカー】
◆PCサイト◆iPhone版アプリ◆Android版アプリ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!