鳩山由紀夫元首相、ゲーム会社イメキャラに就任

 元内閣総理大臣の鳩山由紀夫氏が、オンラインゲームを手がけるウィローエンターテイメントのイメージキャラクターに起用され3日、都内で行われた会見に出席した。

異例の抜てき!? 意気込みを語った鳩山元首相
 鳩山氏は“日本にしかつくれない、オモシロイことを”をテーマに掲げる同社の熱烈オファーを「楽しい、オモシロイことをみなさんに与えることは素晴らしいこと。これは私の考える“友愛”の精神と一緒なんじゃないかと思った」と快諾。会見では「私もオモシロくなりたいと思っています」などと、饒舌に語り会場を盛り上げた。

イメージキャラクターに任命され、大判の名刺を受け取る鳩山氏
ウィローエンターテイメントでは、既存タイトルの活性化、新規タイトルサービスの開始、新規事業を“3本の矢”として、日本のみに留まらず、海外を見据えた展開を考えており、“影響力のある人物”を追求していった結果、鳩山氏の名前が挙がったという。

“秘書”には川村ゆきえが就任
「(ゲームの)世界についてあまり勉強していなかったものですから、初めは何かの間違いかと思いました」と鳩山氏自身、今回のオファーには驚きだった様子。起用の決め手となった“影響力”についても「影響力って言っても、プラスもマイナスもあるからね……」と自虐的に語り、笑いを誘っていた。

同社の未来を示す“一筆”を披露する場面も
また、今後挑戦してみたいことについて尋ねられると、冗談気味に「女房がいま映画作りたいって言ってますから。その中で通行人でもやってみたいですね」とひとこと。そこに、“秘書役”として同じステージに立った川村ゆきえが「いやいや、主演俳優でいいんじゃないですか? それか監督か」とコメントをすると、「あっ、監督はいいかもしれないですね」と意外に(!?)まんざらでもない様子だった。

川村の“セクシー”なメイキングシーンが流れると興味津々(!?)の鳩山氏
 3日の13時よりオフィシャルサイトがオープンしたほか、巨大パネル等での広告展開、テレビCMの放映(12月25日〜30日)などが順次スタートする。

(左から)川村ゆきえ、鳩山由紀夫元首相、柳原哲次代表取締役社長、大橋貴司取締役副社長
ウィローエンターテイメント公式サイト

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!