• ホーム
  • 趣味
  • マツダ“魂動”デザインの新型「アクセラ」がデザインイベントに登場!

マツダ“魂動”デザインの新型「アクセラ」がデザインイベントに登場!

 マツダは東京ミッドタウンで開催中のデザインイベント『Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2013』に、11月21日発売予定の新型『マツダ アクセラ』と『マツダ CX-5』、『マツダ アテンザ』の3車種4台を出展した。

 今年で7回目を迎える『Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2013』は、六本木の街全体を舞台に、日常に潜む様々なデザインを身近に感じ、愉しむイベント。多彩なコンテンツが集結する同イベントに、同社は「マツダ魂動(こどう)デザイン フィロソフィー展示」としてブースを展開。

 いずれのモデルもマツダの新デザインテーマ“魂動-Soul of Motion”を全面に採用し、イベントに訪れた人々に生命感と品格をあわせ持つデザインをアピールした。

乗る人とクルマの関係をエモーショナルに! マツダのデザインコンセプト

 マツダのデザインコンセプトを「クルマに、命を与える」と掲げるのは、前田育男デザイン本部長。「クルマを、単なる機械として向き合うのではなく、命あるものとして手掛けていきたい」といい、「その為の造形を追求し続けるのが、マツダの『魂動』デザイン」と語る。

 また、新型アクセラをはじめとする魂動デザインへの想いを「人と機械という関係を超えて、まるで愛馬と心を通わせるように、乗る人とクルマの関係を、よりエモーショナルなものにしたいと考えています」と明かした。

マツダの新世代技術を全面に採用した新型『アクセラ』

 新型『アクセラ』は、2012年11月に発売した『アテンザ』に引き続き、マツダの新世代技術『SKYACTIV(スカイアクティブ)』を全面に採用したモデルの第3弾。日本メーカーでは初めて、「ガソリン」「ディーゼル」「ハイブリッド」の3種類を同一車種で国内市場に投入した。

 ボディカラーは、魂動デザインを象徴したイメージカラー「ソウルレッドプレミアムメタリック」をはじめ、新色「チタニウムフラッシュマイカ」、「ディープクリスタルブルーマイカ」など全8色を設定。金属の塊から削り出したような重厚な質感の「シグネチャーウイング」を採用し、精悍なフェイスで躍動感を追求したデザインが特徴だ。

 また、「凝縮感のあるドライバーオリエンテッドな空間と、開放的で心地よいパッセンジャー空間を両立させた」(同社)というインテリアデザインは、 スマートフォンとの連動機能を特徴とした新カーコネクティビティシステム「MAZDA CONNECT(マツダ コネクト)」を初搭載。車内において様々な情報を扱いながらも、正しい姿勢で運転に集中できる「Heads-Up Cockpit(ヘッズアップ コックピット)」で、走る歓びと優れた環境・安全性能を両立させる。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!