• ホーム
  • 芸能
  • カラム&大野いと Special Interview 恋愛スタイルは対照的なふたりが語り合う!!

カラム&大野いと Special Interview 恋愛スタイルは対照的なふたりが語り合う!!

美少年のような女の子と美少女のような男の子が恋をする男女逆転学園ロマンス『愛を歌うより俺に溺れろ!』で恋人同士を演じるカラムと大野いと。息のピッタリあったフレッシュなふたりが、お互いの女装&男装姿から、初恋の思い出や学生時代の恋愛までたっぷりと語り合う!!

初恋は中学生のときの先輩:カラム

――撮影で初めて会ったときのお互いの印象はいかがでしたか?
カラム女の子らしくって背が高いから、きっとモデルさんだと思っていました。話してみると、僕がすごいくっだらないことを言っても、楽しそうに笑ってくれるので、こっちが勝手に盛り上がっちゃう感じでした。
大野ほかの共演者さんから「カラムさんはすごくいい人だよ」って聞いていて。実際に会ってみたら日本語がペラペラで、私は人見知りするほうなんですけど、すっごく話しやすかったです。

――今回、女の子みたいな男の子と、男の子みたいな女の子という役を演じられましたが、撮影中に苦労はありませんでしたか?
大野私は普段の喋り方がゆっくりしているので、そこを直すことが必要でした。それから監督と話し合って、『花より男子』の道明寺や『のだめカンタービレ』の千秋先輩なんかを参考にして、男性っぽく歩幅を広くして歩いたりしました。
カラム僕は秋羅とすごく似ている部分が多かったんです。でも、秋羅は男の人に対してはちょっと冷たいところがあるので、そこを演じるのがつらかったですね。普段から人と人の情を大切にしているので、人に冷たくするのが難しくって。それから、日本語の台本は、ひらがなは読めるので、漢字の部分には読み仮名を振っていました。台詞は覚えられるけど、演じるときには感情を込めないといけないし、イントネーションも正しく発音しないといけない。同時にいろんなことを気にしないといけないので、そこは大変でした。

――秋羅は好きな女の子にすごくストレートに気持ちを表す役ですが、カラムさんもそうですか?
カラム僕は、好きな子ができたら悩む前に告白します。中学生のころ、教会に通っていて、そこで女の先輩のことが好きになって、毎週日曜日は眠たいけど朝早く起きて、その先輩にアピールしていました。付き合うことはなかったけど、気持ちは通じてうれしかったですね。それが僕の初恋です。
大野私は自分から積極的にいけない性格なので、何回も好きだよって言われたら、心が傾きそうですね。

イメージと違ってショックだった!?:大野いと

――同世代の俳優さんも多い映画ですが、撮影現場はどんな雰囲気でしたか?
大野私が一番年下だったんですけど、みなさんにかわいがっていただきました。
カラム大野さんは未成年で僕は成人しているので、付き合うシーンを演じているときに「これはいいのかな?」って思ったりして(笑)。ほかの共演者のみなさんは先輩も多くて、いろいろフォローもしてくださいました。あと、共演したTAKUYAさんは、韓国でデビューするための準備をしていて、韓国語ができるんです。だから、ふたりでワザと韓国語で話して、みんなを驚かせたりしていましたね。
大野私は、韓国語の本を持ってきて、教えてもらったりしていました。韓国語の響きがすごくかわいいので、ちょっと長い文章が言えると、うれしくなっちゃって。
カラム大野さんの発音はすごくうまいし、ハングル文字も僕よりも綺麗に書けるのでびっくりしました。
大野高校でもK-POP好きな友だちが多いから、普段も「おいしい」というところを「マシソヨ」って言ったりしています。学校で、カラムさんと共演するって話したら「絶対観る」って言ってくれましたよ。
カラムえ〜?僕のこと知らないでしょ!
大野そんなことないです。みんな知っていますよ!

――今回、女装や男装をしてみた感想は?
大野男装するのが楽しみで、早く衣装を身につけたいなって心待ちにしていたんですけど、いざ衣装を着て鏡を見たらイメージとちょっと違っていてショックでした(笑)。でも、ちゃんと記念の写メは撮りましたよ!
カラム女装をして鏡を見たときは、思わず笑っちゃいましたね。仕事では女装ってほとんどなかったんですけど、学生時代にコンテストがあって、それに出たことはあります。

――結果はどうでしたか?【大野】 男装するのが楽しみで、早く衣装を身につけたいなって心待ちにしていたんですけど、いざ衣装を着て鏡を見たらイメージとちょっと違っていてショックでした(笑)。でも、ちゃんと記念の写メは撮りましたよ!
カラム女装をして鏡を見たときは、思わず笑っちゃいましたね。仕事では女装ってほとんどなかったんですけど、学生時代にコンテストがあって、それに出たことはあります。
カラム優勝しました(笑)。その景品としてオレンジジュースをいっぱいもらって、友だちとみんなで飲みました。韓国では学校内で女装コンテストってけっこうあって、男女が入れ替わるという設定は韓国の人も気になると思います。

⇒ 次のページへ【モテなくて…告白もされたことない】
(文:西森路代/撮り下ろし写真:逢坂 聡)

映画情報

愛を歌うより俺に溺れろ!

 ガールズロックバンド・ブラウエローゼンのリーダー・桜坂水樹は、聖野薔薇学園で「王子様」扱いされている綺麗でボーイッシュな女の子。ある日、水樹が演奏する女性限定のライブに、男海山高校で「姫」扱いされている美少年・白石秋羅が紛れ込み、突然「ずっと好きでした!」と告白する。女の子のような外見とは正反対で、男らしく、強引に自分の気持ちを水樹に伝える秋羅。一方、子供の頃のトラウマで「男は体に悪い!」と思い込み、恋にオクテだったが、会うごとに秋羅に惹かれていく水樹。対立する聖野薔薇学園と男海山高校の垣根を越え、2人は結ばれることができるのか……!?

出演:カラム大国男児) 大野いと 古川雄大 TAKUYA
【映画予告編】 【OFFICIAL SITE】
2012年8月25日(土)角川シネマ新宿ほか全国順次ロードショー
(C)2012映画「愛俺!」製作委員会

関連リンク

撮り下ろしフォトギャラリー
男女逆転ラブコメ予告画映像をCHECK!!
映画公式サイト
  • 1
  • 2
次へ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!