• ホーム
  • 音楽
  • 三代目 J Soul Brothers『歌のポイントは艶っぽく女性らしい美しさ……!?』

三代目 J Soul Brothers『歌のポイントは艶っぽく女性らしい美しさ……!?』

 9月から初の単独アリーナツアーが決定した三代目J Soul Brothersが、ニューシングル「0〜ZERO〜」をリリース。“ツアーオフィシャルシングル”と銘打たれているだけに、今回のライブの核になることは必至。ライブに参加する人は、必ず聴きこんでから行こう!

今までになく、艶っぽく歌ってみた……!?

――今回のシングルは4曲入り。その中の「花火」はバラードで、非常にせつなく美しい仕上がりですね。
登坂広臣「花火」は、僕たちにとって初めての女性目線の歌詞なんですよ。やっぱり女性目線だと言葉の言い回しとかが男性とは違う。だから、そこをどう表現しようかなって考えながらレコ―ディングしました。


――歌い方になまめかしさがありますよね。
登坂そうですね。艶っぽく歌ったほうが女性らしいのかなと思ったので、そのへんは意識しました。そこは新しい部分だと思うので、それが伝わってくれたら嬉しいですね。

――ダンスもガツガツ踊るというよりは、1つひとつのポーズが美しいのが印象的。
岩田剛典今回は曲も曲なので、その世界観をより引き出すような振り付けを心がけました。だから、今おっしゃったようにキレイなポ―ジングにしましたし、大きなテーマとして“花火”というものがあったので、実はパフォーマーのフォーメーションで“花火”を見せたりもしている。いろいろなこだわりが詰まったパフォーマンスになっているんです。
山下健二郎パフォーマーは、歌詞やボーカルが歌に込めた想いをお客さんの耳に届けることはできないじゃないですか。でも、ミュージックビデオやライブで曲に接したとき、よりその世界観をしっかり伝えたり、耳で聴いたときよりグッと幅が広がるような振り付けを心がけている。ただ単に踊るのではなく、その曲の世界観をより深くしていくのがパフォーマーの役目だと思っていますから。

三代目の武器は、どんな曲調でもパフォーマンスできるところ

――しかも今回はミュージックビデオの監督が蜷川実花さん。彼女独特の鮮やかな色味が、まさに「花火」にピッタリですよね。
登坂今回は女性目線の歌詞だし、そもそも花火って色とりどりじゃないですか。それでミュージックビデオを想像したときに、蜷川さんに撮っていただけたらいいんじゃないかなって思ったので、ダメ元でお願いしたんです。そしたら快く引き受けていだたいて、その結果ベストなものができたと思いますね。
山下三代目にとっては初の女性監督です。今回は個人個人のショットもあるんですけど、やっぱり女性監督だけに男には気付けない女性目線のグッとくるポイント、キュンとくるポイントを引き出してもらった。だから、新しい三代目が見られると思いますね。
岩田僕はヒゲを剃ってます(笑)。髪が長いんで、それを濡らしたりするのにも洗面台周りのシチュエーションがいいんじゃない?っていうアイディアを蜷川さんがくださって。あ、じゃあ、もうそれでやりますっていう感じで、完全に身をゆだねてました(笑)。

――その結果、本当に見応えのある美しいミュージックビデオが完成して。まさに、ひとつの映像作品っていう感じですよね。そして、今回のシングルにはあと3曲収録されているんですが、それぞれ味わいが違いますね。
山下今回の4曲は、どれも9月に始まるツアーに向かって、自分たちが、こういうサウンドがほしいよねとか、こういう音でやったら盛り上がるんじゃない?っていう楽曲を選んだ感じなんですよ。その中で「((YOU SHINE)THE WORLD」は、会場にいるみんなで一緒にジャンプして一気に距離を縮められるタイプ。夏っぽいし、J Soulにはなかなかない4つ打ちのサウンドなので、僕たちもすごく気に入ってます。
岩田メンバーが普段聴いてる音楽はクラブチューンが多いので、僕らもずっとやりたかったんですよ。それがこのタイミングでできて嬉しいし、早くライブでやりたいですね。
登坂「Kiss You Tonight」は歌じゃないと成立しないような(笑)、ピュアな恋を描いた曲。ビート感も爽快だし、内容もわかりやすいので、いつも僕らを応援してくれてる人たちは、4曲の中で一番好きになってくれるんじゃないかと思います。
山下4曲の中で一番のパーティ―チューンが「LET'S PARTY」。とにかくトラックがハンパなくヤバイです。
岩田振り付けは今考えてる途中なんですけど、やっぱり「LET'S PARTY」というタイトル通り、お客さんと一緒にライブで盛り上がる感じのテンションに持っていけたらいいと思っていますね。
山下三代目がすごいのは、どんな曲調でもパフォーマンスできるところ。イケイケの曲もキャッチ―な曲もバラードもスケールの大きな曲も全部三代目っぽく踊れるんです。それが僕らの武器なんじゃないかと思うので、それをぜひ9月から始まるアリーナツアーで味わってほしいですね。
(文:高橋栄理子)

関連リンク

PHOTO GALLERY
PROFILE
OFFICIAL SITE

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!