杉村太蔵『世の中で一番怖いのは……』

今や“薄口政治評論家”としてバラエティ番組に引っ張りだこの杉村太蔵。著書『バカでも資産1億円』を上梓した氏にインタビューを敢行!! トイレ清掃員から国会議員というマンガのような“成り上がり”の秘密、さらに、タレントとして開花した現在の状況に置いても興奮気味にまくし立てた!!

清掃員から証券会社にスカウト!!「トイレの磨き方がハンパじゃなかった!って(笑)」

――投資家として資産1億円を突破、タレントとしても一定のポジションを確立した杉村さんが著書『バカでも資産1億円』を上梓されましたね。まず、タイトルが自虐的と言いますか(笑)。
杉村太蔵最初は雑誌で連載させて頂いたんですよ。『バカの作法』っていうタイトルで(笑)。まぁ、私は大学を中退していますし、これといった資格も持っていない。ただ、だからこそと言いますか! 高卒でも何とかやっていけるんだぞと!! 私なんか本当に偶然の出会いからチャンスを頂いて今に至りますから。

――派遣で清掃員の仕事をしていた際に、そのビルに入っている証券会社の方と運命的出会いを果たすんですよね。しかもトイレで。
杉村ええ! まぁ、どうしようもないタイトルですけど、私は大学を中退して、清掃員やコピー機の紙詰まりだとか、蛍光灯の替えとかそういった仕事を社会人1年目にやっていましたから。

――ホントに、そこからよく国会議員まで上り詰めたと言いますか。
杉村これは声を大にして言いたいんですけど、派遣社員の時も本当に一生懸命やりました!! もうトイレなんか一番ピカピカにしてやろうって!! もちろんその後に勤務した証券会社時代も一生懸命やりましたし、言うまでもなく国会議員時代も一生懸命やりました。さらに言えば……今、バラエティ番組に出させて頂いてますけど、こ〜れ〜もホント一生懸命やってますから!!

――アハハハハ!! 分かります(笑)。
杉村自分の仕事を、とにかく全力で取り組む!! ギンギンにクーラーで冷えている職場で汗だくになりながら仕事してましたから。今、与えられた仕事をしっかりやらないとチャンスは来ないですから。逆に、現状を死にもの狂いで頑張っている人は「別の仕事をやらせてみても、一生懸命やるんじゃないか」って周囲の人が思うはずなんです。

――トイレの磨き方をみた証券マンが、杉村さんをスカウトしたんですよね。
杉村私の人生の恩人であるカナダ人のグレン・ウッドという方ですね。そのグレンが言うんです。「君のトイレの磨き方はハンパじゃなかった!」と言うんですよ。「君は将来必ず出世する。良かったらウチの証券会社の採用試験を受けてみないか?」って。人生は分からないですよねぇ(しみじみ)。

――漫画みたいな展開ですもんね! でも、若い世代にとっては希望が沸く内容ですよ。
杉村そうだと思います。20代、30代の同世代サラリーマンの方はもちろんですけど、現在、就職活動中の方にこそ是非読んでほしい!! 就活テクニック本ってあるでしょ? 最近はそういう流れに偏りすぎてないかなって思うんです。面接官はアナタのことを聞きたいんです。アナタはどのような人間で、どのような人生を歩んできたのかを知りたいから。

“無職”を2度経験「プライドなんて1円の価値もない!!」

――杉村さんは、会社のために、上司のために忠義を尽くす。常にその心情で動いてきたんですよね。
杉村今でもそうです! 例えば、バラエティ番組の企画趣旨や意図が僕と番組制作側で、若干の乖離がある場合も当然あるんですよ。でも、私は下請け業者ですから!!

――言うなれば(笑)
杉村ですから、なるべく制作側の考えにコチラが近づけるように努力をする。これが私の基本的なスタンスなんですよ。お仕事を頂いた以上は、頑固な職人さんもいいと思うんですけど、私はそんな立派な人間ではないので(キッパリ)。とにかくお仕事を頂いた以上は、クライアントに満足して頂けるようなものを納品する……そのことに徹する!!

――そこは一貫して変わってないですよね?
杉村変わってません!! なぜ、このような考えに至ったか? それは私が“無職”を2度経験しているからなんですよ。大学を中退して何の仕事もない。こんな不安はなかった。もう1つ!! 睡眠時間が2、3時間でほとんど休みのない超過密スケジュールだった国会議員を経ての無職! これもツライ(しみじみ)。

――アハハハハハ!! そうですね(笑)。
杉村結婚して女房、子供いての無職って……。今、思い返しても冷や汗がでますよ(笑)。私もこれまで色々な職を経験しましたが、無職ほどツラいものはない。

――実感がこもってますねぇ(笑)。
杉村だから、これはいつも心に留めているのは、プライドなんて1円の価値もない!! プライドで飯が食えればいいんですけど、1円にもなりません!! これが私の人生哲学です。

――身の丈以上のプライドは邪魔になるよということですね。
杉村そうなんです!! 今の若い子は妙に高いプライドを持ってる方が多いですね。でも、君に何が出来るの?って聞いても出てこない。そりゃ叩かれますよ!! やっぱり若いうちは、歯を食いしばって言われたことを完璧に遂行する。若くしてベンチャー企業を立ち上げて大成する人もいますけど、そんな逸材は一握りですから。そこを参考にしてもしょうがない。

――確かに。
杉村(神妙な面持ちで)あと……これは実力ではなく運なんですけど。

――……はい。
杉村良い女房に出会った!! やっぱり男は女性によって変わるね!!

――アハハハハ! 最高の伴侶を得ることが、一番の儲けに繋がると。
杉村その通り!! ……そんなこと言ったら家内にひっぱたかれるかも知れませんけどね。
(撮り下ろし写真:田中達晃)

>> 次のページへ【“薄口評論家”として…】

<動画インタビュー>バラエティー番組は重要なインフラ

Infomation

『バカでも資産1億円「儲け」をつかむ技術』(小学館)
杉村太蔵 著


 あの杉村太蔵が落選後わずか4年でどうやって? 金なし、学歴なし、スキルなし、コネなしの非エリート男がドン底から這い上がるために実践した大逆転の法則。

公式HPはコチラ

関連リンク

<Interview1>トイレ清掃員から出発
<Interview2>“薄口評論家”として…
<Interview3>世の中で一番怖いのは……
次へ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!