• ホーム
  • 音楽
  • 防弾少年団☆STYLE Vol.15 メンバーのイケてる瞬間&イケてない瞬間は……!?

防弾少年団☆STYLE Vol.15 メンバーのイケてる瞬間&イケてない瞬間は……!?

Vol.15 メンバーのイケてる瞬間&イケてない瞬間は……!?

今回は、自分自身がイケてる瞬間&イケてない瞬間について語ってもらいました。さらに、音楽にまつわることからプライベートまで、新たにチャレンジしてみたいことも聞いてみました。

イケてると感じた瞬間は、韓国の音楽祭で新人賞を受賞したとき

――「進撃の防弾 -Japanese Ver.-」の歌詞に、<まじイケてない>とありますが、自身でまじ(もっとも)イケてると感じる瞬間、まじイケてないと感じる瞬間は?
Vまじイケてると感じた瞬間は、昨年末に韓国の音楽祭で新人賞を受賞したとき。
一同いいですね〜(拍手)。
Vあと、日本デビュー!
一同いいですね〜(拍手)。
Vあと……。
JIMINまだありますか?
Vもうひとつだけです。
JIMINじゃあ、言ってください。
V韓国でのカムバックステージです。
JIMIN素晴らしい〜!Vさんはまじイケてます(笑)。
Vありがとうございます!JIMINさんは?
JIMIN僕は「NO MORE DREAM -Japanese Ver.-」でお兄さんたちを踏んで飛ぶダンスがあるんですけど、その瞬間、僕はイケてるなって思います。
RAP MONSTERそれは兄たちを踏み台にしてイケてるって思ってるっていうこと?(笑)
JIMINいえいえ、純粋にカッコいいと思って。
J-HOPE違います。JIMINのことだから、兄さんたちを踏み台にしてイケてると思ってるに違いないです(笑)。
JIMIN僕はこうやって兄さんたちにいじられるとき、さらに末っ子のJUNG KOOKにまでいろんなことを言われてしまうとき、僕イケてないなってくじけます(笑)。

――間に挟まれてどうにもならないと。
JUNG KOOKくじけないでください(笑)。
JIMIN大丈夫です(笑)。

――JINくんは?
JIN僕はいつもまじ(もっとも)イケてると感じています(笑)。
一同おおー!!!
JINいつも自信を持っていないといけないと思っているので。

――自信は防弾少年団に入る前からあったんですか?
JIN以前はそういった具体的な考えもなかったし、自信がそんなに大事だとも思わなかったですが、防弾少年団を準備しながら、そういったマインドを持ち始めるようになりました。
RAP MONSTER僕はいい音楽を作ることができたとき。そして、大きなステージに立ったとき、まじイケてると感じます。
一同おおー!!
Vその通りだと思います。
SUGA 僕もステージの上の自分はまじイケてると思います。
JUNG KOOK僕は個人レッスンをしているとき。
J-HOPE僕は今、この瞬間。僕はまじイケてると思います!
一同……。
J-HOPEなんで僕には歓声がないの?(笑)
VなぜならJ-HOPEさんの勘違いですから(笑)。

J-HOPEいや、僕は今、まじイケてるーー!!サンナムジャ(男の中の男)の活動もしてますから。
V僕はJ-HOPEさんと反対で、今、まじイケてないです。今日は顔が、顔じゃない(いつもと顔が違う)(笑)。
JUNG KOOKいや、いつもとまったく変わらないですから(笑)。
Vいいえ!(強調)今日の僕はコンディションがよくないです。不細工です(笑)。

――では、まじイケてないと思ったときは?
JIN限界にぶつかったとき。

――限界にぶつかったときの克服法はありますか?
JINこれといった方法はないんですけど、やるだけやってみて、それでもだめだったらまず休みます。忘れるまでずっと休んでほったらかしにします(笑)。そうすると、自然と自分のなかで解決していることが多いです。
J-HOPE僕がイケてないと思うときは、何もやらないとき。練習もせず、作業もせず、ただ宿舎で寝ているだけのとき。だから、長く宿舎にいないように、休みの日でも活動的に外に出ていろんなところを駆け回ったりしています。でも、ずっとスケジュールが続いていたときは、そのぶんちゃんと睡眠をとるように心がけています。
JUNG KOOK僕もJ-HOPEと一緒で、時間があるのに何もしないで、ゴロゴロしているときです。
SUGA僕は作業をしているとき。とくに夜明けまで音楽作業をしているときは、僕に会わないでほしいです(笑)。
V見られたら本当にヤバイです(笑)。
RAP MONSTER僕は誰もが簡単に考えるようなことも、複雑に考えてしまうところがあるんです。そういうときにスッキリと流してしまえばいいのに、僕ってイケてないなって思います。

――それだけ感性が豊かであると。
RAP MONSTERそういった複雑な考えは諸刃の剣みたいで、僕だけの感性、世界観があるから、それがイケてないときもあるけど、僕の土台になっていると思います。

新たに挑戦したいことは、今はない……!?

――日本デビュも果たし、今、新たに挑戦したいことはありますか?
J-HOPEあの部分は僕のパートです(笑)。僕はさっきも言いましたが、スンリ(V.I)先輩が憧れで、スンリ先輩が日本でタレントとして活躍している映像をたくさん見たので、僕もスンリ先輩みたいに日本でも韓国でもエンターテイナーとして、バラエティー番組に出演したり、幅広い活動をしたいです。
V僕は演技にも興味があるので、ぜひ演技に挑戦してみたいです。学校生活を舞台にした内容で、僕は主人公の友達役をやりたいです。あと、スパイ役もやってみたいです。
JIMIN今は歌やダンス以外で、新たに挑戦したいことはありません!ここに集中したいので。
SUGAカッコいいですね〜!
JIMINはい、僕はカッコいいです!
Vいや、不細工です(笑)。
JIMINそんなことありません。
SUGA 僕も音楽以外はありません。でも、あえて言うならば、写真を撮ったり、ステージやミュージックビデオの監督をやってみたいです。


――音楽にまつわることであれば、積極的に挑戦していきたいと。
SUGA はい、僕は総合コンテンツを作ることが目標です。
RAP MONSTER僕はいろんなところに行って最先端のファッションを見てみたいし、いろんな洋服にチャレンジして着てみたいです。あと、ラップのない歌だけで構成された楽曲を作ってみたいです。

――RAP MONSTERさんの見せどころであるラップが聞けないのはさみしいですが。
RAP MONSTER僕が作った曲であれば、ラップを奏でなくても僕の想いを表現することができます。とにかくいろんなジャンルの曲を作ってみたいです。


――曲が生まれるときは憂鬱な感情のときが多い?
RAP MONSTER感情が頂点に達したときに本当の気持ちが伝わる曲が生まれることが多いと思うんです。でも、あんまり憂鬱すぎるとファンのみなさんに申し訳ないので。
JIMINはい、まず僕らが迷惑です(笑)。
RAP MONSTERみなさんが憂鬱になってしまうのは困ります。なので、できるだけ気持ちが上がる曲を作るように心がけています。
JUNG KOOK僕はいろんな楽器に挑戦してみたいです。最近ギターをはじめて、ひとりで練習しているのですが、なかなかうまく弾けなくて。まずはギターをマスターしたいです。
JIN僕が個人的に挑戦したいことは、韓国を歩いて一周したいです。

――えっ歩いて!?
JINはい。どれぐらいの時間がかかるかわからないですけど、荷物とか何も持たないで、お金だけ持っていきたいです。ご飯を食べられないのだけは絶対に嫌なので(笑)。

――音楽もなくて大丈夫?
JINいや、必要です。
JIMIN携帯は?
JIN必要です(笑)。イヤホンとセットで。
RAP MONSTERJINさんは嘘つきです(笑)。
JINでも、ほかは極力持っていかないようにします。当分はスケジュールが忙しくて難しそうですが、遠い未来に時間ができたら必ずやりたいです。
SUGA1年はかかるんじゃないの?
JINそれぐらいは全然余裕!みんなで一緒に行く?
一同 嫌だーー!!
JUNG KOOKどうぞ兄さんひとりで行ってください(笑)。
JIN……はい、わかりました。誰もつきあってくれないので、さみしいですが、僕ひとりで頑張ります!
J-HOPE途中で応援に行くから〜!
JIMINうん。みんなで美味しいご飯持っていくから!
Vでも、JINさんが1年もいなくなったら、宿舎で美味しいご飯が食べれなくなるよ。
J-HOPE本当だ!
JIMINそれは困りました。やっぱり兄さん行かないでください(笑)。
JIN僕がいない間にみんなで頑張って料理してください。きっと僕の存在の大きさに気づくはずだから。僕は防弾少年団の長男(最年長)として、ひとりで最初から最後までやり遂げます!
一同兄さんカッコいいーー!!

(文:星野彩乃/撮り下ろし写真:草刈雅之)

防弾少年団の「BOY IN LUV -Japanese Ver.-」MV

防弾少年団の「NO MORE DREAM -Japanese Ver.-」MV

関連リンク

【連載一覧ページ】メンバーの素顔が満載☆
【フォトギャラリー】クール&キュート写真満載
プロフィール/CDリリース
オフィシャルサイト

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!