• ホーム
  • 芸能
  • 下田美咲『第2のマツコ!? 下田美咲とは何者か?』

下田美咲『第2のマツコ!? 下田美咲とは何者か?』

数年前までニート生活を送っていたが、自身でアップした“コール”動画が話題を呼び多くのバラエティ番組にも出演するなど注目を集める下田美咲。その、歯に衣着せぬ発言から“第2のマツコ・デラックス”との呼び声も高い彼女の真摯な思いを聞いてみた。

今の自分の状況には困惑してますね

――“コールの女王”として話題の下田さんが初の写真集とブルーレイ作品を同時発売されました。拝見しましたけど、笑えましたね〜。
下田美咲ですよね! そこは大事にしていましたね。飽きないで観れるような内容にしたかった。

――映像でも、今の自分が置かれている状況が把握できないって仰ってましたけど、まさか自分がバリまで行って写真集を出すとは思わなかった?
下田困惑は未だにありますね(笑)。「なんで私、バリまで行けたんだろう」って。

――動画製作を筆頭に、これまでは徹底的に自己プロデュースしてきたワケですよね? 今回は完全に身をゆだねた形だったからですかね?
下田そうですね。完全に専門外なので(笑)。出来ないことは頑張っても出来ないし、苦手なことはどうやっても出来ないので、始めから演技シーンはプランから外してもらっていました。私で映像を作るなら、ドキュメンタリーじゃないと無理だなって。グラビアの撮影とかでありがちな、カメラマンさんから「普段みたいに、彼の前に居る時みたいな感じで〜」とか言われたとしても、「そもそもいつもがこんな感じだ・・・」ってなってしまうので。

――確かに(笑)。でも、水着で浜辺のシーンは良い笑顔でしたよ。
下田でも、「キャハハ、ワーイ!」って感じではなかったですよね。相手がいないと出来ないんですよ。日本だったら、親とか兄弟を呼んで戯れるシーンも撮れるんですど、なんせ今回はバリなので。でも、逆にバリでしか出来ないことを映像として残したいなと思いながら企画したので、日本では撮れないものが撮れたかなって。

――裏路地の商店街など観光地ではない場所に潜入してましたね。楽しさが凄く伝わってきました。
下田終始、凄く楽しくて……だからこそ「何なんだろう、この事態は!?」って気持ちでしたね。人生ってそんな良いものか!? 人生ってそんな良いことばかり続かないって。まぁ、疑いの目で見てしまいますよね(笑)。

――アハハハハ! ドッキリなんじゃないか?って(笑)。
下田今までの仕事って、“私じゃなくていい仕事”ばかりだったんですよ。コールで盛り上げることも、面白い動画をアップするにしても、私じゃなくても出来るし、だからこそ普及させることが出来るかも!?って思っていたんですね。だから私自身に需要があるとは思ってなかったんです。だから、今回の仕事は“私であればいい”ってなんだろう?ってずっと考えてましたね。

私にとって“耳かき”は性行為と一緒

――でも、だからこそ下田美咲の“素の部分”には興味が沸くのかなって思いますよ。水着でのエステシーンとかも面白かった。
下田え、笑いました?あそこは、かなり真面目に撮ったんですけど(笑)。

――いや、ベタな流れが逆に面白いなって。
下田あぁ〜なるほど。

――あまりの気持ち良さに途中で寝ちゃったりしてね。
下田あれはまさしく素ですね。でも、すっごく損した気分でしたね! マッサージって劇的に効果があるワケじゃないから、如何に気持ち良さを満喫するかだと思うんですよ。それを逃したら凄く損した気になるんですよね!!

――アハハハハ! でも、気持ち良さで寝たのなら損はしてないような(笑)。
下田いや! 私は快楽を全て感じ切りたかった!!

なるほど(笑)。あと、耳かきのシーンもありましたね。
下田私はかねてから、耳かきは性行為の一種だと思っていたので、凄く恥ずかしかった(笑)。ただ、法律的には映すのはアリだし、なるべく性行為に近いのを入れたかったので、まぁ良かったかなと。

――内心は凄く恥ずかしかったと。
下田やっぱり、性行為を人様に見せるのは恥ずかしいですよ。私にとって耳かきはそういう行為なんです。そういえば、男友達の中で「俺は凄く耳かきに自信がある!!」って子がいて、「絶対に気持ちいいから、やらせてくれ!!」って言ってくるんですよ。

――なぜか凄く卑猥に聞こえますね(笑)。
下田多少は興味があるけど、君と性行為するのはちょっと抵抗あるかなって断ってます。

――あ〜下田さんにとっては操を死守することになるワケですからね。
下田凄く上手さをアピールしてくるので、よっぽどのスキルがあるんでしょうね……。まぁ、自分のなかで踏ん切りがつけばお願いしようかなと。

――もし、その男性に耳を許すことになればお付き合いするということなんでしょうね?
下田結婚しちゃうかも知れないですね(笑)。耳かきがそれだけ上手かったら床上手そうですしね(笑)。

芋ほりデートに誘って“床上手”かを見分けます

――アハハハハ! そういえば、気になる相手がいた場合、一緒に芋堀に行って床上手か否かを判定するそうですね。正直、よく分からないんですけど(笑)。
下田イヤイヤイヤ! 芋を掘る時って、いきなり強引に掘っても途中で折れちゃうし、凄く繊細な動きが必要とされるんですよ!! だから凄くその人の性格が出るんです。「めんどくさいから引っこ抜いちゃえ!」って子もいれば、優しく外側から掘っていく子もいて。

――なぜか下ネタトークしているみたいな気になりますね(笑)。
下田いろいろな要素が伴わないと根っこまでは掘れないんですよ(しみじみ)。最後は指で土を払っていくような流れが凄く繊細で理想的ですね。

――因みに下田さん自身の掘り方は?
下田私は強引に引っこ抜こうとして千切れちゃいますね。

――ヘタクソじゃないですか(笑)。
下田アハハハハ! だから、相当な関節使いじゃないと上手く掘れないんです。そこに「おぉ〜この子の手先凄いなぁ」ってなります(笑)。

――ゴッドハンドの持ち主だと。
下田そう、ゴッドハンド! ……ただ、実際には意外とそうでもないなって時もありますね。

――全然関係ないじゃないですか(笑)。
下田まぁ、性行為には知識も必要なのかなって。でも、素質はあります!!

>> 次のページへ【大人の意見を無視】

下田美咲 ☆Movie Interview☆

◆写真集『食べごろ美咲』◆

写真集を出したかったという彼女の待望の1st写真集!人生初のバリ島で撮影し、まさに”食べごろ”の彼女の水着、ランジェリー姿など”美”にフォーカスを当てた写真集! そのほか、旅の思い出を綴った日記や第3章までに至る彼女の活動を振り返った2万字ロングインタビューも収録!下田美咲のすべてが詰まった写真集!
(2014年8月6日発売)

◆Blu-ray『美咲のためならバリ島へ 』◆

 人生で初バリ島を訪れ、日本では経験できないことを通して、知られざる彼女の姿に迫る異色ドキュメンタリー! もちろん、グラビア的要素の水着、ランジェリー姿を収録しつつ、彼女のこだわりの歯の磨き方、もはや性行為と同じで人には絶対に見せたくなかったという耳かき姿、これまた人には絶対見せたくなかったという洋服を自分で選び試着するシーン、半裸でのエステ体験、初めてのバナナボートなど知られざる下田美咲の魅力をたっぷり収録!
(2014年8月6日発売)

関連リンク

下田美咲 撮り下ろし☆PHOTO GALLERY☆
下田美咲 ♪動画インタビュー♪
<Interview1>写真集で性癖暴露!?
<Interview2>大人の意見を無視
<Interview3>ネバーランドを作りたい!!
次へ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!