2014上半期ブレイク俳優

上半期のエンタメシーンを総決算!ORICON STYLEでは、先ごろの<女優編>に続き、上半期に最も活躍したと思う『ブレイク俳優ランキング』TOP10を発表。映画やドラマ、CMで活躍した“旬顔”がズラリ!あなたが注目する俳優は何位に!?

同世代から年配層、さらに同性まで!! “全方位”から支持される福士蒼汰

 2014年も後半戦がスタートし、先週発表した<女優編>に続き、恒例の『2014年上半期に最もブレイクしたと思う俳優』ランキングを今年も発表。見事首位に輝いたのは、昨年の『あまちゃん』(NHK総合)で瞬く間に注目俳優の仲間入りを果たし、今年も多くのドラマ、映画、CMと多方面で活躍した【福士蒼汰】。2位以下を大きく引き離し、改めてその人気の高さを証明した。

 1位の福士といえば、言わずと知れた大ヒット朝ドラ『あまちゃん』で、主人公・天野アキ(能年玲奈)が想いを寄せる種市浩一役で知名度を急上昇させた。その勢いは今年に入ってからも衰えることなく、ドラマでは『TRICK 新作スペシャル3』(1月放送 テレビ朝日系)、4月期は『弱くても勝てます〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜』(日本テレビ系)などの話題作に出演。またCMでもKDDI『au 4G LTE』、アサヒ飲料『三ツ矢サイダー』などに出演し、彼を見ない日はないし、映画も現在公開中の『好きっていいなよ。』を皮切りに、9月には『イン・ザ・ヒーロー』、11月には『神さまの言うとおり』が公開を控えるなど話題に事欠かない。

 今回の調査では、10代〜40代までの全て世代で首位に輝いた福士。その理由としては、「見ない日はないくらい毎日何かしらの番組に出てた感じ」(神奈川県/10代/女性)、「すごいよく見るようになったし周りの人でも好きな人が多いので」(大阪府/30代/女性)など、その圧倒的な需要の高さを挙げている。女性だけでなく男性からの支持も絶大で、「あの爽やかさは同性から見ても羨ましい!!」(広島県/20代/男性)などの賛辞も多数送られてきた。同世代からは“憧れの先輩”、年上のお姉さんからは“可愛いい弟”のような目線で愛され、かつ同性からの支持も高い……。本人もいたって真面目で、真摯に俳優業に取り組む姿勢も好印象を与えていることから、今後どのような道を歩んでいくのか? おおいに気になる存在と言えるだろう。

実直な夫から極悪ヤンキーまで、幅広い演技が光った東出昌大

 続く2位には、こちらも朝ドラ『ごちそうさん』(NHK総合)で認知度を高めた【東出昌大】がランクイン。同作では女優・杏が演じる主人公・め以子を支える、実直な夫・悠太郎を好演。今年に入ってからも、『ごちそうさん』とは真逆の気合十分な不良を熱演した映画『クローズEXPLODE』での主演、そうかと思えば、アサヒ飲料『なないろwater's』のCMではサラリーマンに扮し、可愛らしい子供たちに説教を受けるという微笑ましい演技を披露。それまでの役どころを引きずらない幅の広い演技力が東出最大の魅力だ。

 東出の支持理由としては、「ごちそうさんに出演したことで有名になったと思うから」(兵庫県/10代/女性)、「やっぱり朝ドラ効果!ごちそうさんでの好演が効いていると思う」(愛知県/20代/女性)など、やはり『ごちそうさん』の影響力の高さがうかがえる。また、「CMでもひっぱりだこだし、映画も。バラエティで見た東出君もなかなかよかった」(三重県/40代/女性)など、バラエティなどの別フィールドでも光り輝く存在であるのではと推測するコメントもあった。

“朝ドラが飛躍のきっかけ”は俳優&女優共に暫く継続か!?

 ランキング上位を振り返ってみると、3位には社会現象を巻き起こしたドラマ『半沢直樹』以降も圧倒的な存在感を示し、今年は主にCM出演で話題をさらった【堺雅人】。4位には近年再評価の機運が一気に高まり、4月期もドラマ『MOZU』(TBS系)の主演、CMでも多くのナショナルブランドの広告塔として引っ張りだこだった【西島秀俊】。そのほかにも、ドラマ『俺のダンディズム』(テレビ東京)でテレビドラマ初主演を射止めた【滝藤賢一】(6位)など、ベテラン勢の活躍ぶりも目立った。

 朝ドラ出演俳優が1、2フィニッシュとなった今回のランキング。先ほど発表した『上半期ブレイク女優』でも1位に有村架純、2位に杏がランクインするなど、同様の流れとなった。現在放送中の『花子とアン』も好調を維持し、次作『マッサン』も初の外国人ヒロインを起用するなど話題充分。“朝ドラが飛躍のきっかけ”という流れは、しばらくの間続くことになりそうだ。

2014上半期ブレイク俳優ランキング

  • 順位
  • 名前(プロフィール)/主な作品
  • CLICK!フォト一覧
  • 最新情報
    • 1位
    • 福士蒼汰
      ドラマ『弱くても勝てます〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜』、映画『好きっていいなよ。』
    • 2位
    • 東出昌大
      ドラマ『ごちそうさん』、映画『クローズEXPLODE』
    • 3位
    • 堺雅人
      ドラマ『パンドラ〜永遠の命〜』
    • 4位
    • 西島秀俊
      ドラマ『MOZU Season1〜百舌の叫ぶ夜〜』、映画『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』
    • 5位
    • 山崎賢人
      映画『L・DK』(・はハート)、ドラマ『水球ヤンキース』
    • 6位
    • 滝藤賢一
      ドラマ『S -最後の警官-』、『俺のダンディズム』
    • 7位
    • 三浦翔平
      ドラマ『明日、ママがいない』、『極悪がんぼ』
    • 8位
    • 池松壮亮
      ドラマ『MOZU Season1〜百舌の叫ぶ夜〜』
    • 9位
    • 菅田将暉
      ドラマ『ごちそうさん』、『死神くん』、映画『闇金ウシジマくん Part2』
    • 9位
    • 綾野剛
      ドラマ『S -最後の警官-』、『ロング・グッドバイ』、映画『白ゆき姫殺人事件』

集計期間:2014年7月3日〜7月7日
調査対象:合計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代の男女)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査



アンケートモニター募集中

関連リンク

<ランキング表>2014年上半期ブレイク俳優
【フォト】写真で振り返る上半期ブレイク俳優の活躍
2014年上半期ブレイク女優
2014年期待の俳優&女優
2013年ブレイク俳優

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!