• ホーム
  • 音楽
  • 吉田山田『念願の『Mステ』にも初出演!「みんなのうた」で話題☆“泣ける歌”を歌う2人とは!?』

吉田山田『念願の『Mステ』にも初出演!「みんなのうた」で話題☆“泣ける歌”を歌う2人とは!?』

昨年12月に発売し、NHK総合『みんなのうた』で放送されてから“泣ける歌”として、ジワジワと口コミで話題が広がり、7ヶ月におよぶロングヒットになっている「日々」。2人はこのヒットを受け、テレビ朝日系『ミュージックステーション』にも初出演を果たした。“年末の『紅白』出場も狙えるのでは?”と期待が寄せられている吉田山田。彼らが愛される要因はどこにあるのか?憧れだった『Mステ』出演に際し、インタビュー中も気を抜くとうわの空の山田と、学生時代にバンドでコピーしたGLAYと共演できると興奮する吉田に話を聞いた。

全く違うタイプの2人が、“音楽”を通して最高のパートナーに

 吉田山田は、文字通り吉田結威と山田義孝、高校の同級生2人で結成された。見た目のファッションも性格も、まったく違う。普通なら、友だちにすらなっていなかったかもしれない。そんな2人を結びつけたのが音楽だった。

 吉田は高校1年でバンドを結成し、GLAYなどをコピーする一方で、弾き語りでゆずのコピーや、オリジナル曲をやっていたそう。片や山田は、深夜のダンス番組から影響を受けてダンスをやっており、“ダンス君”というあだ名がついていたと言う。そんな2人の邂逅(かいこう)は、文化祭だ。ステージでひとり歌う吉田を見て、山田は、ひと目もはばからずに号泣したそう。「まさか高校生にもなって、こんな風にワンワン泣くやつがいるなんて、最初は驚きました」と、吉田は当時を振り返る。しかし、そんな山田のピュアさに、計り知れない可能性を見いだした吉田は、山田からの猛烈アピールもあって、一緒に組むことを決意。めでたく吉田山田が誕生した。

「よっちゃん(吉田)と出会って、世界が莫大に広がりました。ダンスより、もっといいものを見つけた!っていう感じ。それによっちゃんは、僕にない部分をすべて持っているんです。人の心を汲み取る力があって、他人には理解されない僕の言葉を、理解して人に伝えてくれる。行動力と実現力がある。僕ひとりでは、何もできないんです」(山田)

 もともと吉田は、カウンセラーを目指していたそうで、それもあってか、山田の最大の理解者になった。それ以来、子どものまま大人になったような山田と、それをうまくハンドリングしていく吉田という関係。吉田は山田を“宇宙人”と呼び、山田は吉田を“宇宙人の通訳”と呼ぶ。非常にでこぼこ具合がうまく噛み合い、お互いに補い合ういいバランスの関係だ。

「僕はゴールを見定めるのが苦手だけど、山田はむちゃくちゃでも、ちゃんとゴールを見つけることができる。そこで僕は、そのゴールまでのルートを考えて、導いていく感じです。もちろん逆のときもあるけど、お互いになくてはならない存在です」(吉田)

2人が目指すのは、人の心に寄り添える歌を作ること

 デビュー5周年、お互いの酸いも甘いも知る関係だが、決して最初から、運命的にバチッと噛み合ったわけじゃない。デビュー前に2人で行ったニューヨーク武者修行では、ケンカもたくさんした。「僕は毎朝セントラルパークを走ってトレーニングしたりしていたのに、よっちゃんは、ギターも持って来てないし、昼過ぎまで寝てるし、何しに来たんだ?って、怒ったんです」と山田。一方吉田は、「それでも僕なりに、いろいろ感動して吸収して、やる気を起こしていたんです。ただちょっと、それが分かりづらかったかもしれないけど……」と、少し反省。そんなことを繰り返しながら、それこそ「日々」の歌詞に出てくる夫婦のように、少しずつ時間をかけてお互いの向き不向きを知り、でことぼこが噛み合うところを見つけていった。2011年の震災のときは、自分たちの無力さから歌を作れなくなってしまったことがあったそうだが、そういう経験さえも2人をより強くし、歌に対する気持ちを深め合っていった。

「もしかするとそのとき初めて、ただの高校時代の友だちだった2人が、音楽という同じ夢に向かうパートナーになれたのかもしれない。やっぱり、一緒にいて楽しいばっかりじゃダメなんです。悲しいときや辛いときがあって、それでも一緒に音楽をやるんだという、強い気持ちを確認することが大切だったんです」(吉田)

 そんな2人が目指す音楽は、押しつけがましくなく、ネガティブでもなく、人の心に寄り添える歌を作ること。「本当に寂しいとき、ひとりぼっちのとき、手を伸ばして聴きたくなるような、そこにいて邪魔にならない音楽を作りたい」と吉田。また、いい音楽は、世代や性別、立場や職業、ジャンルさえも超えて人に届くはずだとも話す。実際に「日々」の反響は、家事や子育て、介護などに忙しく、ライブに行く時間もないお母さん層に特に大きかったそう。テレビからふと流れて来た、おじいちゃんとおばあちゃんのストーリーが、忙しさの中で張り詰めていた心に、やさしく触れたのだろう。まさしく、彼らが目指した曲だったと言える。山田はそんな「日々」について、決して自慢げに語るでもなく、それどころか。「キャッチしてくれた人が、こんなにたくさんいたことが、すごいことなんです」と話す。

「心の結びつきを欲しているじゃないけど、きっと誰もが、そこに一番の重きを置いて生活しているんだということが分かりました。これは副産物だけど、大事な人に聴かせたいと言ってくれる人が多いんです。両親がケンカしているときに、この曲をそっと流してみたりっていう、そういうエピソードがたくさん寄せられています。そういう意味では、もしかしたらそれぞれの人の心を、少しは代弁できたのかもなって」(山田)

 ときにアルバム収録曲などでは、それぞれの個性を発揮し、ときに2人の持ち味を見事に融合させた「日々」も生まれたりと、何とも絶妙な関係。そんな2人の将来像について、「今は、山田と音楽を続けていくためにはどうしたらいいかだけを考えている」と吉田。つかず離れずとは、こういうこと。こんなユニークなパートナーシップから生まれる、2人の音楽だからこそ、人々の注目を集めているのかもしれない。
(文:榑林史章)

“泣ける歌”で話題の「日々」ミュージックビデオ

関連リンク

【インタビュー】話題の「日々」制作エピソード
【インタビュー】デビュー当時の2人は?!
フォトギャラリー
プロフィール/CD売り上げ
オフィシャルサイト
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!