• ホーム
  • 映画
  • 実写『ルパン三世』撮影現場レポート『WEB独占掲載!日本映画の枠を超越した熱気に包まれた2ヶ月』

実写『ルパン三世』撮影現場レポート『WEB独占掲載!日本映画の枠を超越した熱気に包まれた2ヶ月』

製作発表からなにかと世の中の話題をさらい、期待と不安(!?)が織り交ざった熱い注目を浴びている実写版『ルパン三世』。そんな同作の撮影は、タイの奥地・チェンダオで大掛かりなセットが組まれ、タイ軍現役兵士らも出演。日本映画の枠を超える破格のスケールで行われた。その撮影現場の模様をWEB独占レポート! ルパンを演じる小栗旬は「気分はジェイソン・ステイサムですよ(笑)」……。

◆タイ軍現役兵士、戦車、ヘリも“出演”したスケールの大きさ

 あの『ルパン三世』が40年ぶりに実写映画化。ルパン役は小栗旬、次元大介役は玉山鉄二、石川五ェ門役は綾野剛、峰不二子役は黒木メイサ、銭形警部役は浅野忠信、そして『あずみ』やハリウッド映画『ミッドナイト・ミートトレイン』の北村龍平が監督として彼らを束ねる。2ヶ月に及ぶロケが敢行されたタイの撮影現場は、日本映画の枠を大きく超越した熱気に包まれていた。

 タイの首都バンコクから国内線で北部の都市チェンマイへ。さらに車で移動すること数時間、ミャンマーとの国境に近いチェンダオという田舎町でロケは行われていた。切り立った山々に囲まれた土地を借り切って開拓し、超巨大要塞型金庫“ナヴァロンの箱舟”のセットを建築。そして、そこにタイ軍の現役兵士や戦車が集められ、上空からは軍用ヘリまで飛来してきた。もちろん、タイ軍は警備のためにやって来たわけではなく、“出演”しに来たのだから撮影のスケールの大きさに驚かされる。

 そんなものものしい雰囲気のなか、それぞれのキャラクターに扮した俳優陣が颯爽と登場。撮影が行われていたのは“ナヴァロンの箱舟”への潜入を試みるルパン一味のアクションシーンで、ド派手な銃撃戦を繰り広げていくのだが、信じられないのは、そこで使用された火薬の量と、火薬を仕込む場所が俳優に近すぎること(50cmくらい?)。そのあまりにも危険なシーンを仕掛けた犯人は、『マッハ!!!!!!!!』のスタント・コーディネーターだったセン・カウィー。『マッハ!!!!!!!!』では主役のトニー・ジャーの足に直接火をつけていたくらいだから、タイのアクションチームにとってはこの程度は当たり前なのだろうか?

 一方、俳優たちの動きを指導しているアクション監督は、『オールド・ボーイ』『アジョシ』のシム・ジェウォン&ヤン・ギリョン。韓国とタイのスペシャリストがタッグを組んでハイレベルなアクションを生み出しているわけだが、日本が誇る俳優陣もそれに見事に応えていく。

◆モンキー・パンチの『ルパン三世』とリンクする世界観

 そして、銃と剣という確固たる武器がある次元や五ェ門に対し、ルパンはまったく違うアクションを要求されたと小栗は語る。「ルパンは誰かに何かを習ったというわけではないけど強い。ある意味ストリートファイト的な闘い方で足技を多用しています。シムさんの指導を受けていると、最近のアクションって、ワイヤーや道具を使ったものからだんだん生身のアクションに回帰しているのかなって思いますね。気分はジェイソン・ステイサムですよ(笑)」

 現場には、日本語、英語、中国語、韓国語、タイ語が飛び交っており、その無国籍な雰囲気はモンキー・パンチが生み出した『ルパン三世』の世界観と見事にリンクする。現場に何度も足を運んだというモンキー・パンチも納得だろう。

 これまでにキャスティングへの賛否両論がインターネット上で巻き起こっているが、当のモンキー・パンチは「漫画、アニメの『ルパン三世』のキャラクターたちが現実世界に飛び出してきたよう」とお墨付きを与えているのだから、部外者がとやかく言ったところで意味はない。浅野忠信も「モンキー・パンチ先生に、『まさに俺が思い描いていた銭形だ。本当の銭形は君みたいなダンディーな男なんだ!』とものすごく誉めてもらいました。原作者に誉めてもらえるほどうれしいことはないですね」と語っている。

 北村監督も原作者のことを大切に考えていると言うが、もちろんそれだけに止まらず、さらに広い視野と高い目標を持って『ルパン三世』に挑んでいる。「原作者だけは失望させたくない。だから、僕はモンキー・パンチ先生の膨大な原作、そのスピリットを受け継ぐ必要がある。そして、そのうえで映画ならではの魅力を打ち出さないとダメだと思っています。自由で、オシャレで、かっこよくて、痛快なエンターテインメントにしないと。僕は、ルパンと次元と五ェ門と不二子と銭形をどれだけ魅力的に見せるか、それしか考えていない。それが正解だと思うんで」

 期待と不安の入り混じった感情を持っている原作&アニメファンは多いだろうが、現場で見た監督やキャストの表情には自信と確信が表れていた。8月30日、きっと実写版『ルパン三世』はあなたの心を盗んでしまうはずだ。
(文:岡 大)

ルパンダンサーズ登場☆テレビCM『CM盗まれちゃった篇』映像

小栗ルパンが、映画イベントにも登場したルパンダンサーズにCMを盗まれる。ルパンカラーの赤い水着を着たルパンダンサーズは、不二子ちゃんをイメージしたかわいらしさを残しつつ、セクシーでリズミカルなダンスを披露!

<<予告編>>伝説が幕を明ける!? 新テーマソングもCHECK☆

<<実写『ルパン三世』公開への軌跡☆関連ニュース一覧>>

◆『ルパン三世』小栗旬で40年ぶり実写映画化 不二子役に黒木メイサ
 
 漫画家のモンキー・パンチ氏の人気漫画『ルパン三世』が、俳優・小栗旬主演で実写映画化されることが11月27日、わかった。日本のみならず世界でも知られる『ルパン三世』が、俳優・目黒祐樹主演で1974年に公開された映画『ルパン三世 念力珍作戦』以来、40年ぶりに二次元の世界から飛び出す。⇒ 詳細はこちら
◆綾野剛『ルパン』五ェ門役で10キロ増 小栗は8キロ減
 
 山本又一朗プロデューサーは、「小栗は筋力、アクショントレーニングに10ヶ月以上取組み8キロ身体をしぼりました。五ェ門役の綾野は袴姿が似合うようにと小栗とは逆に10キロ体重を増やして撮影に挑んでいます」と語る。⇒ 詳細はこちら
◆主要キャラ写真を初公開 小栗&メイサのルパン&峰不二子は!?
 
 メインキャストが演じる主要キャラクター写真が4月9日、初公開された。ルパン三世を小栗、次元大介を玉山鉄二、石川五ェ門を綾野剛、峰不二子を黒木メイサ、銭形幸一警部を浅野忠信が、それぞれコミック原画そのままの姿を体現している。⇒ 詳細はこちら
◆シリアスなアクション大作?特報映像公開
 
 特報映像が4月25日より公式サイトで公開された。オープニングから重厚でシリアスなカットと重量感のある音楽が響き、まるで洋画のアクション大作のような仕上がりを予感させる。中盤から姿を現すルパン一味のアクションシーンとアニメでおなじみのルパンの軽妙なセリフが、今作があの『ルパン三世』の実写版であることを改めて思わせる。⇒ 詳細はこちら
◆ポスタービジュアル初公開 順次劇場掲出
 
 ポスタービジュアルが5月30日、初公開された。赤いジャケットをまとった小栗旬演じるルパン三世の疾走感あふれる姿が映し出されている。同ポスターは5月31日より順次、全国の劇場で掲出される。⇒ 詳細はこちら
◆布袋寅泰の書き下ろし“新ルパンテーマ”誕生
 
 布袋寅泰が、実写『ルパン三世』のメインテーマ「TRICK ATTACK -Theme of Lupin The Third-」をオリジナルで書き下ろし、4分弱のインスト曲となる新たな“ルパン三世テーマ”が誕生した。大野雄二氏によるアニメでおなじみのルパンのテーマ曲は、諸事情により今回の実写版では使用されないが、布袋は「大胆でスピード感あふれる極上のテーマ曲が仕上がった。期待してほしい」とコメント。⇒ 詳細はこちら
◆予告編&オリジナルテーマ曲「TRICK ATTACK」解禁
 
 実写版オリジナルのテーマ「TRICK ATTACK -Theme of Lupin The Third-」がWEB解禁された。同曲はフルで4分弱のインスト曲だが、90秒の映画予告編のなかの後半40秒ほどに収録。布袋節が炸裂するキャッチーなギターリフのメロディが披露されている。映像では、ルパン一味のド派手なアクションシーンのほか、各キャラクターの全貌が明らかになり、物語のキーとなるセリフも盛り込まれている!⇒ 詳細はこちら
◆最新ビジュアルを独占入手 巨大バナー初公開
 
 7月19日より順次全国の劇場に掲出される縦1.8メートル×横3.6メートルの巨大バナーを独占先行入手。これまでのチラシやポスタービジュアルとは異なり、主要キャラクター5人が一堂に介して全身で映し出され、それぞれ特徴的なポーズをきめている。それぞれのキャラクターからは、地平線と空を表すと思われる印象的なピンクのバイカラー地に、純黒のLUPINの文字が影のように伸びる。一面ピンクに覆われるバナーの世界観は、実写版ならではのメッセージにもつながっているのかもしれない。⇒ 詳細はこちら

ルパン三世

ルパンとその仲間たちが一味となる前の物語。原作に忠実ながら、映画オリジナルのストーリーも入る。“所有者は世界を統べる”という宝物「クリムゾンハート・オブ・クレオパトラ」と、それを収蔵する超巨大要塞型金庫「ナヴァロンの箱舟」を巡り、強固なセキュリティーに挑むルパンたちの姿が描かれる。

監督:北村龍平
出演者:小栗旬 玉山鉄二 綾野剛 黒木メイサ 浅野忠信
【公式サイト】
全国公開中 (C)2014映画「ルパン三世」製作委員会

関連リンク

<フォトギャラリー>撮影現場&劇中写真
<撮影現場レポート>日本映画の枠を超越!?
<関連ニュース一覧>8.30 映画公開までの軌跡
<なぜ大ヒット?> new!!観る意欲をわかせた雰囲気

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!