指原莉乃『何に対しても自信がない』

AKB48ではセンターポジションを務め、HKT48では異例の劇場支配人を兼任。やることなすことすべてが規格外の大物アイドル、女優、タレント・指原莉乃。最新主演作『薔薇色のブー子』では、ヒロインながらまた驚きの姿をさらしている! そんな常に明るくにぎやかな話題を振りまく指原の心のうちにそっと迫ってみた。

演技のお仕事はもうやらないと思う(笑)

――主演のブー子という役のお話を聞いたときの感想はいかがでしたか?
指原私は女優志望じゃないですし、演技もうまくないのでプレッシャーだったんですけど……うれしかったです(笑)。

――作品を拝見しましたが、お芝居がとても自然でした。
指原えー! うれしい!! でも自信ないし、今後は女優はあまりやらないと思います(笑)。ブー子は文句をブーブー言うからブー子なんです。私自身ブー子と一緒で、いつも文句をすごく言うんです。なので、その点では役作りをせず自然にできました。いいのか悪いのか……(笑)。

――この作品にはたくさんの芸人さんや豪華な俳優さんが出られています。現場の雰囲気は?
指原すごく明るかったです。みなさんが「俺が一番おもしろいんだ。負けない!」とシーンに取り組んでくださったので。本当に楽しくておもしろい現場でした。

――指原さんはそのみなさんと、すべてのシーンで軽妙なやりとりをされています。撮影の合間に、ネタの打ち合わせなどもしていたんですか?
指原そういった打ち合わせはほとんどしていないんです。みなさん普段から本当におもしろい方ばかりなので、ずっと笑っていました。他愛もない世間話とかをして。

――作品を観て、楽しそうな様子が伝わってきました(笑)。
指原とくに……(思い出し笑い)。シソンヌの長谷川さんとのシーンが本当に楽しくて。何をやっても長谷川さんがしっかりツッコんでくださるので頼もしかったです。あと、ユースケ・サンタマリアさんは同じ大分県出身で中学校も一緒なので、お話をすることが多かったです。ふたりともモーニング娘。さんが好きなので、そのお話とか、鈴木福くんに変なことを教えたりとか(笑)。その内容は、秘密です(笑)。

――難しいシーンや苦労したことは?
指原ブー子は常にどんどん追い込まれていくんですけど、どう追い込まれていくかは事前に知っているじゃないですか(笑)。バラエティのドッキリとは違って、なにも知らなかったようにリアクションするのが大変でした。

――すべてのリアクションが新鮮でしたよ(笑)。
指原本当ですか? よかった! 演技は本当に難しくて……この作品が最後だと思って観てください(笑)。

――この作品で、コメディの才能が爆発したように思います。これからも続けて欲しいなと個人的に思っています。
指原基本的に何に対しても自信がないタイプなんですけど、演技に関しては本当に苦手意識があって毎回すごく緊張します。バラエティは、NGとか失敗がないというか、それも笑ってもらえるけど、ドラマや映画は自分が失敗すると現場が止まっちゃう。それがもう怖くて……。

――じゃあこれからはバラエティ中心で?
指原いえ、お話をいただけるのなら何でも(笑)!

楽しかったと思えれば幸せです!

――もし選べるなら、やってみたい役はありますか?
指原(即答で)不幸な役。もともとあまり元気なタイプではないので、暗い役の方がやりやすいのかなって(笑)。

――シリアスな役も観てみたいですね。悪役とかどうですか?
指原私に悪役ですか? できるのかな〜? でも、やらせていただけるのであれば……いや、演技はもうやらないと思う……お話来ないですよ、私になんて……でも、お話があればやりたいですけど!

――(笑)AKB48やHKT48でのグループの活動と、個人の活動のときの違いはありますか?
指原空き時間がひまですね、ひとりだと(笑)。この作品の撮影中は、ちょうどゲームの『ポケモン』が発売されたときだったので、福くんと一緒にずっとそれをやっていました(笑)。メンバーがいるといつも話が尽きなくて。みんな“食”が好きなので、どこのお店がいいよ、あれ食べたいとか、そんな話ばかり(笑)。プライベートは、家からほとんど出ないです。買い溜めたマンガをひたすら読んでいます。マンガもやっぱり食べ物系が好きなんですよね(笑)。今は『おとりよせ王子』っていう、取り寄せグルメマンガにはまっています。

――2014年も間もなく折り返しですが、今年も充実していそうですね。
指原毎年、「今年が今までの人生のなかでいちばん充実してた!」って思うんです。充実がどんどん“上書き”されていっているので、今年もさらに“上書き”です。年が終わって、楽しかったと思えれば幸せです!

――今のところ“上書き”は順調ですか?
指原コンサートがすごく楽しくて。最近大きなコンサートが続いたので、やり甲斐を日々感じていました。本番に向けてみんなで準備をしている時間が、いちばん楽しいです。「お客さんと一緒に楽しむ!」っていう気持ちが何より大きいです。

――では最後に、この映画をご覧になるみなさんに、指原さんからメッセージをお願いします。
指原たぶん、一生の記憶には残らない映画なので(笑)、気楽に楽しんでください。

――(笑)そうですか?
指原そうなんです(笑)! でも、観ているあいだは「めっちゃおもしろい映画だ!」って楽しんでいただけると思いますので、観て後悔のない映画です。

(文:ジェントル/撮り下ろし写真:鈴木一なり)

<メイキング特別映像>独占公開☆ブー子の池落ちシーンも!

薔薇色のブー子

 いつかは少女漫画みたいな出会いがあると信じてきた、大学生の幸子。けれども夢見ていた華やかなキャンパスライフには縁がなく、部屋にこもって少女漫画を読む日々を送っている。思えば子どもの頃から何かに文句ばかり言っている人生で、ついたあだ名はブー子。大学も休みがちになっていたが、漫画の趣味がぴったりでジョニー・デップに似ているという男の子、スパロウさんとツイッター上で知り合ったある日、幸子は心に誓う。
「この人と会って、私は変わるんだ!」。
運命の人、スパロウさんには会えるのか――!?

監督:福田雄一
出演者:指原莉乃 ユースケ・サンタマリア ムロツヨシ 鈴木福
【映画予告編】 【公式サイト】
2014年5月30日(金)全国公開
(C)2014「薔薇色のブー子」製作委員会

関連リンク

指原莉乃 撮り下ろし☆PHOTO GALLERY☆
<メイキング特別映像>独占公開☆池落ちも!?
<映画予告映像>次々に襲う不幸とは…
映画『薔薇色のブー子』公式サイト

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!