• ホーム
  • 映画
  • 壇蜜『女優としての評価もうなぎ上り!!』

壇蜜『女優としての評価もうなぎ上り!!』

 “エロスの伝道師”として圧倒的な影響力を誇る壇蜜が、スマートフォン向け放送局『NOTTV』内のオムニバスドラマ『結婚させてください』(5月12日より各話放送)で壇蜜本人役として主演!! 今回はその撮影舞台裏に迫ってみよう!!

女優としての評価もうなぎ上り!!

 その妖艶な色香で、たちまちグラビア界の頂点に立った壇蜜。だが彼女の活躍ぶりはグラビアだけに留まらず、バラエティ番組に出演すれば、その大胆かつ艶やかな発言が話題を呼び、情報番組に出演すれば“自身の言葉”で世相を斬る。

さらに、主演作『甘い鞭』を筆頭とした多数の映画出演、大ヒットドラマ『半沢直樹』(TBS系)への出演、そして7月スタートの『アラサーちゃん 無修正』(テレビ東京系)で地上波連ドラ初主演を控えるなど、女優としての需要もうなぎ上り。今回の『結婚させてください』も、彼女のキャラクターを存分に活かした作品といえるだろう。

恋人の父親が壇蜜との様々な妄想を抱く!?

 今回放送される『結婚させてください』は、結婚の申し入れという人生最大の難関を通じて“人を愛すること”や“信頼すること”の大切さを、5つのオムニバスコメディドラマとして放送。  

 壇蜜が主演するのはエピソード1の『お父さんの秘蜜』。祖父の葬式のため、勘当同然で出て行ったカメラマンの息子(淵上泰史)が数年ぶりに帰省し、近々結婚するという女性を一緒に連れてくる。その女性は職人で頑固一徹の父親(石橋凌)が密かに大ファンの壇蜜だった。喪服姿で父の前に登場し、テレビや雑誌と変わらぬ艶やかな色香を漂わせる壇蜜に父親が様々な妄想を思い描いていくというもの。

 これまでにも多くのドラマ、映画に出演してきた壇蜜だが、本人役を演じるのはもちろん初。壇蜜自身も「壇蜜を壇蜜が演じるという、ちょっとぎこちない設定ではありますが、それすらも笑ってもらえたら嬉しいです」と楽しみながら今回の役を演じているようだ。

客観的に見ても忠実に私自身が出ている

 自身初の本人役ということで、逆に演じにくいのでは? という問いに壇蜜は「難しい反面、多少演技がアレでも(笑)、お茶を濁せるかなという甘えはあります。客観的に見てもかなり忠実に私自身が出ていると思います」と作品内の壇蜜に本人も太鼓判を押す。また、気になるセクシーシーンについても「お父様(石橋凌)が妄想するシーンがあるので、そこはグラビアから飛び出したような壇蜜というのが垣間見れます」と自信をのぞかせている。

 すべての仕事で自分に与えられた役割を即座に理解し、許容範囲ギリギリで自身のパーソナルを提示する……その尋常ならざるセルフプロデュース能力が壇蜜の最大の強みだ。今作では“本人役”というちょっぴり特殊な役どころを演じる彼女だが、視聴者が思い描くようなパブリックイメージに“真実の壇蜜像”を加味した、誰も楽しめる作品になることは間違いないだろう。

infomation

 壇蜜主演のエピソード1『お父さんの秘蜜』のほかにも、父親と同じ年の彼を連れてきた娘の奮闘ぶりを描く、夏菜主演の『男はつらいのね』、AKB48の入山杏奈がドラマ初主演でデキ婚騒動を巻き起こす『愛とトマト』、娘を溺愛する“モンスターママ”とその彼氏の攻防を描く、田中圭主演の『お義母さまはモンスター』、彼女の父親に会うために屋敷を訪れると、様々な怪奇現象が起こる渡部豪太主演の『怪奇的な家族』の計5作品が順次放送される。

現在放送中のドラマ『結婚させてください』公式サイトはコチラ

関連リンク

壇蜜☆PHOTO GALLERY☆
壇蜜の2013年の活動を振り返る!!
『結婚させてください』公式サイト
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!