• ホーム
  • 音楽
  • MAN WITH A MISSION『“オオカミバンド”の快進撃!音楽に込めた熱いスピリットに迫る』

MAN WITH A MISSION『“オオカミバンド”の快進撃!音楽に込めた熱いスピリットに迫る』

 昨年6月のメジャーデビュー以来、快進撃を続けるMAN WITH A MISSION。2ndアルバム『MASH UP THE WORLD』は、彼らの多彩な魅力が詰まった1枚だ。本作についてJean-Ken Johnny(ジャン・ケン・ジョニー/Gt,Vo,Rap)が語る。

日々進化を遂げる“究極の生命体”

  • Jean-Ken Johnny(ジャン・ケン・ジョニー)

    Jean-Ken Johnny(ジャン・ケン・ジョニー)

  • Tokyo Tanaka(トーキョー・タナカ/Vo)

    Tokyo Tanaka(トーキョー・タナカ/Vo)

  • MAN WITH A MISSION

    MAN WITH A MISSION

――最高のアルバムですね。
Jean-Ken Johnnyアリガトウゴザイマス。恐縮デス。前作ノフルアルバムモソウダッタノデスガ、コンセプトトイウカ、MAN WITH A MISSIONノ根ッコニアルノハ、「音楽ソノモノガ持ツ多様ナ世界観、コノ世ノ中ソノモノガ持ツ多面性ヲ1ツノ作品デ表シタイ」トイウコトナンデス。前々カラ持ッテイタソノコンセプトヲ踏マエナガラ、ヨリ自分タチノ好キナ音楽ノ要素ヲ密度濃ク凝縮デキタト思ッテオリマス。我々ハ究極ノ生命体デスノデ、日々進化シテオリマス。

――例えば、ダンサブルな面もより研ぎ澄まされていますよね。「Bubble of Life」や「distance」が、すごくカッコいいです。
Jean-Ken Johnnyオッシャッテクダサッタ「Bubble of Life」ハ、テクノ感、ダンス感ノヨウナモノガ、入ッテイルト思イマス。

――「distance」は、ライブですでに盛り上がりを見せていますけど、トライバルな野性的な興奮を掻き立てられます。まさにみなさんも、演奏しながら野性の血が騒ぐのでは?
Jean-Ken Johnnyイエス!イエス!基本的ニ我々ハ野性的デスカラネ。


――特定のジャンルに凝り固まらない柔軟性があるバンドであることが、このアルバムを聴くとよく分かりますね。
Jean-Ken Johnnyジャンルトイウ言葉自体ガシックリコナイ、トイウノガ正直ナトコロデス。音楽トハ、モトモトハ果テシナク自由ナモノダト思ッテオリマス。


――このアルバムによって、ライブに行きたくなる人がさらに増えると思います。例えば「Mash UP the DJ!」を聴くと、ライブ会場に渦巻く熱い興奮をイメージできますし。
Jean-Ken Johnnyタイトルノ通リDJガ音ヲ鳴ラシテ、ミンナデソレニ乗ッテ盛リ上ガロウゼ、トイウコンセプトガゴザイマス。アルバムタイトル『MASH UP THE WORLD』ノインスピレーションモ、ココカラ生マレマシタ。“MASH UP=ミンナ一緒ニゴチャマゼニシヨウ”トイウイメージデ作ッタ楽曲デス。

――この曲もそうですが、みなさんの音楽は世の中の理不尽、不条理を見つめつつも、自らの意思で良い方向へ変えようとするスピリットをすごく感じます。
Jean-Ken Johnny楽曲ソレゾレノニュアンスハ異ナリマスガ、根ッコニアル精神トハ、「自分デ決メテ、自分デ行動ヲ起コス。ソシテ自分デ選択スル」トイウ、単純ナヨウデ一番難シイコト。ソレガ大切デアルトイウコトハ我々モ常日頃カラ思ッテイマスシ、随所ニメッセージトシテ散リバメテオリマス。全テノ者ニ唯一平等ニ与エラレテイルノハ時間デス。時間ハ無情ニ進ムダケデス。ソノ中デ生キテイク我々ハ、当タリ前ニ前ヘ進ンデイカネバナラナイ。ソレガ我々ガヤラネバナラナイコトノ1ツナノデス。

国内を飛び出し活躍の場は世界にも

  • DJ Santa Monica(DJサンタ・モニカ/Djs,Sampling)

    DJ Santa Monica(DJサンタ・モニカ/Djs,Sampling)

  • Kamikaze Boy(カミカゼ・ボーイ/Ba,Cho)

    Kamikaze Boy(カミカゼ・ボーイ/Ba,Cho)

  • Spear Rib(スペア・リブ/Dr)

    Spear Rib(スペア・リブ/Dr)

――究極の生命体であるみなさんも、理不尽を感じる瞬間などはありますか?
Jean-Ken Johnny当然ゴザイマス。例エバ電車ニナカナカ乗セテモラエナカッタリデストカ。5匹デ乗ロウトスルト、大概駅員ニ止メラレマス。

――余談ですが……電車はよく利用するんですか?
Jean-Ken Johnnyイエス!イエス!都内ハ地下鉄ガ便利デスカラ。余程ノコトガナケレバ遅レナイデスシ。

――確かに、都内は地下鉄が一番ですよね(笑)。話を音楽に戻します。サウンド面に関して言うと、みなさんの曲はメロディも素晴らしいですよね。例えば「FROM YOUTH TO DEATH」はパワフルさとメロディの良さが凝縮されています。
Jean-Ken Johnny疾走感ガアリナガラモ、バックボーンニアルノハヘビーメナモノデスカラ。デモ、爽ヤカニ出来上ガッテオリマス。非常ニ我々ラシイ楽曲ダト、私自身モ思イマス。

――みなさんは、メロディーを大切にする気持ちも強いのでは?「ニュートラルコーナー」とか「フォーカスライト」とか、すごくグッときます。
Jean-Ken Johnnyイエス!イエス!歌詞ガ乗ッテイル楽曲ニセヨ、マズ耳ニ飛ビ込ンデ、心ヲ動カスノハメロディーダト思イマスノデ。

――このインタビュー記事によってみなさんのことを初めて知る方もいると思うのですが、何か伝えたいメッセージはありますか?
Jean-Ken JohnnyCDソノモノカラ音楽ヲ聴クノハ私自身モ好キデスシ、我々ノアルバムハイロイロナ想イヲコメテオリマス。シカシ、ライブ会場ニ実際ニ足ヲ運ンデ頂ケレバ、作品トハマタ別ノ魅力ヲ感ジラレルハズデス。オーディエンスモ一緒ニ音楽ヲ作ッテイク素晴ラシイ場ガライブナノデス。怖イイメージヲ抱イテ、スンナリ遊ビニ来ラレナイ方モイルカモシレマセンケレド、楽シイコトダラケノ空間デスカラ、ゼヒトモ足ヲ運ンデ頂キタイデス。

――ライブハウスって怖いどころか、とてもピースフルですよね。
Jean-Ken Johnnyイエス!イエス!我々ノライブデハ時折DJ Santa Monica(DJ サンタモニカ)ガ下ヘ降リテイキマスケレド。ソレニハ気ヲツケテクダサイ。

――海外でのライブにも積極的ですよね。9月から10月にかけては、アメリカツアーも予定されていますし。あと、この記事が出る頃には終わっていますが、7月5日にはパリで『JAPAN EXPO 2012』に出演。これは痛快ですね。
Jean-Ken Johnnyオッシャル通リ痛快デスネ。ナニセ、きゃりーぱみゅぱみゅトももいろクローバーZモ出マスカラ。トテモ楽シミニシテオリマス。
(文:田中大)

関連リンク

ARTIST PAGE
OFFICIAL SITE

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!