• ホーム
  • 芸能
  • 貫地谷しほり&佐々木希 Special Interview リアルな反応やめて!? でも、女子ってこんな感じ

貫地谷しほり&佐々木希 Special Interview リアルな反応やめて!? でも、女子ってこんな感じ

“現代版ロビンソン・クルーソー”とも称される作家・椎名誠原作のサバイバル小説『ぱいかじ南海作戦』が、阿部サダヲ主演で実写化。リストラと離婚のWショックに打ちのめされた主人公が現実からの逃避行先・沖縄で出会う、関西からやって来た可愛いく逞しいヒロインふたりを、貫地谷しほりと佐々木希が好演。そこで“美女対談”と題し、撮影時のセリフの苦労話からリアルな好みの男性タイプ、抜群のルックスからは想像できない“女性の逞しさ”について語ってもらった。

キャピキャピして欲しいって言われた【貫地谷】

――撮影が始まった当初、現場はどんな雰囲気でしたか?
【貫地谷】 実は、最初私たちのお芝居の方向が監督のイメージと全然違う方向に向かっていて(笑)。私たちは海岸に到着して、広い海を目の前に「海やな〜」とどっしり構える、落ち着いた感じの女の子を演じていたんです。そしたら監督から「男だけで生活しているなかで、女子がきた!」っていうのを出したいから、キャピキャピして欲しいって言われたんです。
【佐々木】 あれっ?ちがったー!!みたいなね(笑)。
【貫地谷】 そこから、全ての方向性が変わったよね(そろって爆笑)。

――それで、かなりハイテンションな芝居に切り替えたと?
【佐々木】 もう、「うぅわぁあ〜〜♪」って上げてましたね!本番では、しほりちゃんに引っ張ってもらえたので、私もテンション上げて演じることが出来ました。阿部さんと海に入るシーンは、今まで出した事のない声で叫びましたね。

――おふたりは劇中で関西弁ですが、高いテンションを保ちつつ慣れない方言を使うのは、かなり苦労されたのでは?
【佐々木】 すごく難しかったです!
【貫地谷】 それに関西弁のレパートリーがないので、アドリブが出てこないんです。
【佐々木】 そう!身に付けたセリフを繰り返して使うみたいな(笑)。
【貫地谷】 (阿部さんを呼ぶ時の)「おっちゃん」のセリフひとつでもイントネーションがかなり違ってて。
【佐々木】 スタッフさんのなかに関西出身の方がいらっしゃったので、直前まで教えていただいていました。

――では、セリフ合わせは入念にされたのでしょうか?
【佐々木】 いいえ、それはあまりしなかったですね。とにかく関西弁のイントネーションが……。そこを乗り越えるのが難しかったです(笑)。
【貫地谷】 ただ、阿部さんはご自身の過去を独白するシーンがあるんですけど、セリフを間違えるところを一度も見たことなくて。「これはちょっと、がんばらなきゃ」と初日から気持ちが引き締まりました。

――細川監督は今回が初監督。おふたりが今まで仕事をご一緒された監督たちとの違いはありましたか?
【貫地谷】 “初”ということで、とくに他の監督さんとの違いを感じたりはしませんでしたが、しいて挙げるなら、すっごく明るい現場でしたね!
【佐々木】 本当にすごく楽しかったよね。撮影が終わった後にみんなでご飯を食べたりして、距離がぐっと縮まってたよね。とても居心地のいい現場でした。
【貫地谷】 ねっ!あれは監督が現場のムードを作ってくださったんです。監督の人柄あってこそでした。

伝えた瞬間に顔を見れなくなっちゃって【佐々木】

――阿部さん演じる“おっちゃん”、永山さん演じる“オッコチ”、そして現実の阿部さん、永山さんの4人のなかで、恋愛をするならどなたでしょう?
【貫地谷】 ……。それは非常に難しい質問ですね。
【貫地谷&佐々木】 (爆笑)
【貫地谷】 劇中のふたりでいうと“南の島”っていうテンションもプラスされて、旅先マジックがあると思います。でも、阿部さんと永山さんを比べるなら、のぞみん(佐々木)の答えは決まってるよね?
【佐々木】 もう、決まってます(笑)。私、本当に阿部さんが大好きなんです。昔からすごくファンで!!
【貫地谷】 それを現場でのぞみんが話したから、今度は阿部さんが照れちゃってね〜。ちょっとそのリアルな反応はやめてもらっていいですか?みたいな(笑)。横で見ていて、ニヤニヤするような場面がありました。
【佐々木】 伝えた瞬間に、私も阿部さんの顔を見れなくなっちゃって(笑)。(と言いつつ、顔が真っ赤になって下を向く…)。
【貫地谷】 もぉーちょっと、なんで?結婚してお子さんもいるのに!?
【佐々木】 アハハッ。

――劇中、海でテントを張って自炊をするという逞しい女子たちですが、実際のおふたりとのギャップは?
【貫地谷】 そうですね〜、女子って基本たくましいものですからね(笑)。
【佐々木】 リアルにたくましい!でも、女子ってこんな感じだよね。
【貫地谷】 その部分は、私たちとの共通点でもあると思います。
【佐々木】 確かに。しほりちゃんがお見合い相手の男性を泣かしちゃうシーンとか、その“男泣き”の姿にゾッとしましたもん(笑)。
【貫地谷】 ひどいですよね(笑)。傷つけたのは私なのに、泣く姿に引くって。
【佐々木】 アハハッ。あとは“なんとかなる”っていう感じも似てるよね。女ふたりで南の島にふらりと行って、ご飯食べてお酒飲んで、「ま、なんとかなる」っていう大雑把なところ。


――それでは、最後に同性の方々へのメッセージをお願いします。
【貫地谷】 この作品は男性が主人公ですけど、男女関係なく“思いさえあれば、いつでもスタートできる”という作品です。心が疲れている人が観たら少し前向きに、今を楽しんでいる人なら、もっと前向きな気持ちになってもらえると思います。
【佐々木】 本当に前向きになれる映画です。始めてみたら何とかなると思うし、始めてみないと分からないことなんて、人生たくさんある。その前向きな一歩を踏み出せるように、ちょっとだけ背中を押してくれる作品です。明るい映画なので、この作品を観て癒されてもらえたらと思います。
(写真:片山よしお)

映画情報

ぱいかじ南海作戦

 リストラと離婚が同時にやってきて、失意のなか人生の再スタートを切ろうと西表島にやってきた男・佐々木は、ある晩、盗賊団に襲われて全財産を失ってしまう。途方に暮れる佐々木は、都会風の世間知らずな若者オッコチ、関西弁を話す女の子アパとキミと、4人で奇妙な海浜生活を送る事に……。

出演:阿部サダヲ 永山絢斗 貫地谷しほり 佐々木希

2012年7月14日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー
(C)2012「ぱいかじ南海作戦」製作委員会
【予告編】 【OFFICIAL SITE】

関連リンク

撮り下ろしフォトギャラリー
予告映像をCHECK!!
映画公式サイト

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!