• ホーム
  • 芸能
  • 橋本愛『自分とリンクさせて恥ずかしくなって欲しい』

橋本愛『自分とリンクさせて恥ずかしくなって欲しい』

若手の実力派女優として大活躍中の橋本愛が登場! 高校生の青春を切なく、もどかしく描く『大人ドロップ』を観て感じてほしいこととは!? 自らの思春期の出来事も告白☆ NHK紅白歌合戦出場(!?)の舞台裏も語る!

女優として知らなかったことがたくさんあった

――この作品のお話を聞いたときの感想を教えて下さい。
橋本約8ヶ月ぶりの映画で、その間『あまちゃん』以外にもドラマが続いていました。なので、久しぶりに映画の台本を手にして、「ドラマの台本とは違うなぁ」と(笑)。あと、共演者の前野(朋哉)さんとは『桐島、部活やめるってよ』以来で、そのときはあまり一緒のシーンがなかったので、今回は楽しみでした。池松(壮亮)さんは以前から好きな俳優さんだったので、うれしかったです。

――現場の雰囲気はいかがでしたか?
橋本前野さんと池松さんがいつもとても楽しそうに話していて、私はそれを見ておもしろがっているという感じでした。小林(涼子)さんとのシーンは少なかったんですけど、ふたりの関係が基本となっている作品なので、ピアノのシーンの時はずっと一緒に遊んだりしていました。顔合わせの時も、1時間くらい外に出て話したりしていましたね。あと、花火のシーンでは決まった台詞がなかったので、みんな自由に炸裂していました。池松さんはずっとぶっ飛んでいたし、前野さんはずっと燃やされようとしていたし(笑)、本当にみんなで楽しみました。

――昨年は『あまちゃん』が一大ムーブメントになりましたが、ご出演されたことで何か愛さん自身に変化はありましたか?
橋本たくさんありすぎて……。自分がそれまでに女優として知らなかったことがたくさんあったというこを、改めて思い知らされました。これからもそういう恥辱の経験は続いていくと思いますけど、本当にいろんなことを知らなかった……。

――反対に、変わらない部分は?
橋本うーん、なんだろう。爪の形とか? そんなことしか思いつきません(照笑)。

――そんな橋本さんが、これから挑戦してみたいことは?
橋本えっと、何だっけな? あったんだよな。あ! 地方に住んでいる友だちがいて、そこに飽きるまでお邪魔したいなって。自分から泊まらせてもらいに行くのに、飽きたらじゃあねってするんです(笑)。

がんばったあとに好きなことをしてみたい

――それ自分の都合で行けるからいいですね(笑)。ご活躍中でお忙しいと思いますが、いまプライベートの楽しみは?
橋本ラーメンを食べること(笑)。ひとりでお店にも入ります。食欲に勝るものはないですね(笑)。でも、熊本に住んでいた頃、東京に来て一度だけキャスター付きの大きな鞄を転がしながらお好み焼き屋さんに入ったことがあったんですけど、店員さんにすごく笑われて……。それからちょっと怖くなりました。ひとりって恥ずかしいことなんだなって。ここでも恥辱を経験した感じです(笑)。

――(笑)昨年は大活躍でしたが、NHK紅白歌合戦のステージにも立ちましたね。
橋本リハーサルのときから足が震えて全然踊れなくて。(能年)玲奈ちゃんは先にGMTでリハーサルに立っているから「私、大丈夫!」といっていたんですけど、私は「どうしよう、震え止まらない」って。でも、本番を迎えたら客席のみなさんにとても素敵な表情で迎えていただき、落ち着きました。あんな大きなステージで歌うのは初めてだったので、100%(役柄の)ユイちゃんでいようって思っていました。たくさんの方に支えていただきながらあの場に立つことができたんだって感謝しています。

――18歳になりました。どんな一年にしたいですか?
橋本まず今決まっているお仕事を精一杯がんばって、そのあとは好きなことをしてみたいですね。思い出を作れたらいいな。今は昨日の夕食のことでさえどんどん忘れてしまって、思い出が上書きというより“削除”されてしまっている(笑)。そんな日々が続いているから、作品をやっていくなかでも思い出が作れたら。

――『大人ドロップ』で描かれるのは、高校生たちの切ない思い出になる出来事の話ですが、観る人たちにどんなことを感じてほしいですか?
橋本恥ずかしくなって欲しいな。“もどかしい”とか“切ない”とか、自分とリンクする部分に一瞬でも引っかかって欲しいという想いがあります。

――青春、思春期がキーワードになっていますよね。橋本さんご自身の思い出は?
橋本(しばらく考えて)プリクラ撮ってたなあ(笑)。地元のみんなプリクラが大好きなんですよ。でもけっこう(値段が)高いから、私は4人じゃないと撮らない! っていっていました(笑)。
(文:ジェントル/撮り下ろし写真:逢阪 聡)

大人ドロップ

  主人公・浅井由(池松壮亮)は高校3年の夏休み直前に、親友のハジメ(前野朋哉)に頼まれ、彼が想いを寄せるクラスメート入江杏(橋本愛)とのデートをセッティングする。しかし、そのことが原因で彼女を怒らせてしまう。仲直りできないまま夏休みに突入してしまい、さらに彼女は学校を辞め、急遽遠くへ引っ越してしまう。浅井の心のモヤモヤはより一層増すばかりだが、その気持ちが恋なのか、親友への対抗意識なのか、ハッキリとは分からない。

 「大人になるって、何?」浅井はその答えを求めるかのように思い切って入江杏へ手紙を出した。数日後、彼女から返事が届き、学校を辞めた本当の理由を知ることになる。どうしようもない衝動に動かされ、浅井はハジメと共に片道200キロの旅に出た――。

監督:飯塚健
出演者:池松壮亮 橋本愛 小林涼子 前野朋哉 渡辺大知
【映画予告編】 【公式サイト】
2014年4月4日(金)全国公開
(C)2014 樋口直哉・小学館/「大人ドロップ」製作委員会

関連リンク

橋本愛撮り下ろし☆PHOTO GALLERY☆
大人になるって、何?<映画予告編>
『大人ドロップ』公式サイト

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!