• ホーム
  • 音楽
  • MISIA『今だからこそ言える――15年間続けられた理由と歌声の秘密とは!?』

MISIA『今だからこそ言える――15年間続けられた理由と歌声の秘密とは!?』

自身最大級の15周年ツアー『MISIA 星空のライヴVII-15Celebration-』を経て、約3年ぶりのオリジナルアルバムを完成させたMISIA。メディアにほとんど出ずライブ中心の活動を貫いているため、どこか神秘的なイメージのある彼女だが、素顔はとてもチャーミングでナチュラル。その華奢な身体からは想像もつかないエネルギー溢れる歌声と強い楽曲メッセージ、そして、それを15年保ち続ける歌姫・MISIAの秘密に迫ります。

30周年、1000周年になっても歌います!

――昨年2月からスタートした15周年ツアーが、今アルバム発売日にいよいよ終了しますが。全77本、1年以上にわたるツアーをやってきた感想は?
MISIA私のなかで15周年のライブは、2月の横浜アリーナでコンプリートしたかなと思っていて。そのあとはアルバムもできあがったので16周年に向かっていく気持ちだったんですね。だから今はやり終えた達成感というよりは、15周年から16周年へバトンをしっかり渡せたという感じ。ライブでも私、思わず“30周年、100周年、いや1000周年でも、鶴になっても亀になっても歌います!”って言っちゃったんですよ(笑)。

――MISIAさんにとって“15年”はまだまだ短い?
MISIAまあでも、10年歌い続けたらすごいことだよねって、デビューの頃から言っていたから、私のなかでは10周年でひとつ大きな階段を昇った気はしていて。15周年はどっちかというと、20周年にむけたホップ・ステップ・ジャンプのホップの部分。その第一歩目は大きくて踏み出そうってことで15周年ツアーをやり、そのなかでアルバムも作り込んでいけたので、これを持って16周年を迎えるのはすごくいい流れになったと思います。

――アルバムには15周年のツアーで蓄えたもの、さらにそこから次を見据えた新たなものが詰まっているんですね。
MISIAそうですね。ツアー中だからこそ生まれた曲も多くて、例えば「My pride of love」は、松井五郎さんが今ツアーの横浜アリーナ公演を観た次の日に詞を作ってくれたんですよ。「僕、書きます、明日送ります」って(笑)。あと制作し終わった曲をライブで何曲か歌ったんですけど、ライブっておもしろいものでそこで曲が育っていってしまうんですね。で、育ってしまうと育つ前の音楽を届けるってことができなくなってしまうので、もう1回ストリングスや歌を入れ直した曲もあって。


――まさに音楽は生き物。
MISIA本当に生きていますよね。そのときそのときの出会いでどんどん変わっていくものだなと。特に今回はさまざまな出会いが重なって、新たな音楽を生み出せたっていう感覚がすごくあって、タイトルの『NEW MORNING』含め、次の一歩を感じさせる作品になったなと。私は元々、基本的に新しいことが好きなんですよ。ワクワクするので。だから逆に「MISIAさんの○○みたいな曲を作ってください」って言われちゃうと困る。その曲に対して失礼な気がするというか、例えば私みたいな人を探して愛されたらイヤでしょ?じゃあ、私で良くない?って(笑)。だから“○○に似た曲”ではなくて、つねに純粋に心ときめく曲を作っていきたい。やっぱり長く歌い続けるとか長くものごとに取り組むっていうのは一種、変わり続けることだったりもしますから、変わらないものを守るために変わるというか。そのための新たな挑戦は必要ですよね。

――そのブレない世界観を守りながら、つねに刷新していくMISIAさんのスタイルはある種、ハイブランドに通じる絶対的な信頼度がある気がします。「変わらないものを守るために、変わり続ける」という言葉はまさにそれを体現しているなと。
MISIAでも、私のなかでどうしても変えられないものっていうのもあるんですよ。例えば子供の頃、エレキギターをキーボードだと勘違いしたクセが直らない(笑)。ライブでバンド紹介するときも、キーボードの人を「ギター!」って言っちゃって、キーボードがエアギターをやってくれたりするっていう(笑)。しかも、それって私がリラックスして、思うがままやっているときによく出ちゃう間違いなので、ファンの人も“今日、調子いいね”って乗ってくれるんです。そんな風に音楽に関しても、感覚でやっちゃうとこは変われない。感じたままメロディーを出すとか、そういう部分はずっと大切にしていきたいです。

モチベーションを15年間保てたのは、プロデューサーのおかげ

――そのモチベーションを15年間保っている、“MISIAの強さ”はどこからきているんでしょう?
MISIAひとつは総合プロデューサーでしょうね。デビュー時から彼がライブも衣装もすべてプロデュースしてくれていて、今も変わらず厳しいし、怒られたりするんですよ。で、私も怒られれば悔しいし、泣くんですけど、それが大事なのかなって。やっぱり長くやっているとだんだん周りが言えなくなってくる部分ってあるじゃないですか。でもプロデューサーは正直な人なので、純粋な感情で“それは良くない”と言ってくれる。しかもうちはバンドマンも素直な人ばっかりで、演奏していると思っていることとかすぐわかるんですね。そういう類は友を呼ぶじゃないけど、感覚の似ている者同士が集まっているから、私もやりやすい。それが長く続けられる理由だと思いますよ。

――年齢的にはデビュー時の19歳から今は30代になりましたが、内面的な変化を感じることはあります?
MISIA10代の頃は見えないことが多くて怖いこともいっぱいあったけど、いろいろ経験したことで大変だけど怖くはない。むしろ楽しいって思えるようになりました。上京した頃なんかは東京そのものが怖くて、どうしてこんな大勢の人が街を歩けるのか意味がわからなかった(笑)。人間関係も無知がゆえに不安だらけだったけど、もし今、19歳の私に会ったら“怖がらなくも大丈夫だよ”って言ってあげたいですね。

――そんな内面の変化と共に、歌声もますます芯が太くなり深みが出ていますが、どんなケアをされているんですか?
MISIA加湿や体調管理は普通にやっていますけど、最近はそれ以上に笑うことが大事だと思っていて。というのも私、泣くと声が枯れるみたいで、震災のときは泣いてばかりいたせいか喉がなかなか回復しなかったんですよ。それ以来、なるべくライブ前日夜の12時以降は何も考えないようにしていて。楽しいことを見つけて笑うようにしているんですよ。

――センサーなんですね、喉は。
MISIAやっぱり人間も動物だから、環境とかに身体がすごく左右されるんでしょうね。だから音楽ももっと野性的っていうか。本能で楽しめばいいと思っていて、そこを解放したいんです。それはデビューしたときからの願いで、閉じているものを音楽で開いていきたい。だから、ライブで「幸せをフォーエバー」とかでカップルが寄り添ったりすると嬉しいんですよ。なんなら、そのままプロポーズして欲しいみたいな。その想いは、それこそ鶴になっても亀になっても変わらないと思います(笑)。
(文:若松正子)

関連リンク

これまでの活動をCheck!過去のインタビュー
プロフィール/CD売り上げ
オフィシャルサイト
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!