ミュージック インタビュー&コメント

ミュージックライブレポート
2011年8月5日
LIVE REPORT
木村カエラ
ラストで感涙!1年4ヶ月ぶりの復帰ライブ

次へ
完全復帰!エネルギーが炸裂した熱いライブハウス
 ワンマンとしては実に1年4ヶ月ぶりとなる木村カエラの復帰ライブ『XYLISH presents Welcome Home Tour』が8月3日、横浜BLITZで開催された。結婚・出産を経ての久々のワンマンで、会場はライブハウス!プラチナチケットを手にした観客の大声援につつまれ、張り裂けそうなくらいの熱気が満ち溢れるなか、ライブはスタートした。

 観客の拳が突き上げられるなかステージに走りこんだカエラは、同日発売のニューシングル「喜怒哀楽plus愛」、「TREE CLIMBERS」、「deep beep」を続けて披露。ロックチューンの3連発で、いきなりフロアを熱狂の渦に巻き込んだ。そして、ファンの「待っていた」という声に応えて深々と頭をさげると「ただいま。この日を本当に待ってました」。沸き起こる歓声に笑顔をみせながら「ライブってどうやってやるんだっけ?って話してたんだけど……意外といけるね(笑)」と挨拶すると、会場からも笑顔が弾けた。

 その後、「マスタッシュ」「リルラ リルハ」などのヒットチューンから、「ワニと小鳥」「Butterfly」といったカエラにとって大切なミディアムナンバー、ライブでの初披露となった「Ring a Ding Dong」、自らキーボードも演奏した「phone」など、懐かしい曲から新曲までを幅広く披露した。MCでは、ライブハウスならではの観客との掛け合いも大いに盛り上がり、ファンの熱い熱いリクエストに応えて、即興であのCM曲も歌って踊った。

 さらに、カエラもギターをもち、3本のギターのぶ厚い音圧で迫った「BEAT」は、まさに圧巻のひとこと。本編ラストの「Magic Music」では、<高く高くジャンプして>にあわせて会場中が一体となって飛び跳ねた。あっという間に時間が過ぎ去った本編のあとのアンコールでは、ステージも観客も会場全体がこの日、最大のエネルギーを爆発させた。「You know you love love me?」から「happiness!!!」へのラストでは、あちらこちらからファンがダイブし、ペットボトルが飛び交い、ステージのカエラとバンドメンバー、客席のファンのすさまじいパワーが会場を躍動させた。

 「最高のライブです。これからまたがんばるからね」。カッコよくてキュートなカエラが、思わず涙声になった最後の言葉。この日への思いと伝えたいメッセージをつめ込めたセットリスト、今のカエラの気持ちをまっすぐに歌ったラストの曲、最後の挨拶の言葉。新たな一歩を踏みしめるカエラの姿に、誰もが心を強く捉まれ揺さぶられた2時間だった。
(写真:Tsukasa Miyoshi)
ライブレポート一覧へ

P R

イープラス