ミュージック インタビュー&コメント

ミュージックライブレポート
2010年4月20日
LIVE REPORT
SKE48
『制服の芽』第1回東京出張公演が大盛況!!

次へ
SKE48SKE48SKE48SKE48SKE48
激しいパフォーマンスにステージから風が吹く!?
 3月に発売された初の選抜メンバーによるシングル「青空片想い」が、週間ランキング3位とヒットしたSKE48。拠点である名古屋・栄の劇場を飛び出して、チームSが『制服の芽』の第1回東京出張公演を4月12日に渋谷DUOで行った。
 「SKE48の公演はすごいらしい」。
 そんな噂が昨年から、東京のアイドルファンや関係者に伝わってきていた。「ステージから風が吹いてくる」なんて話も。何なんだ、それはいったい!?\r

 そのSKE48が東京で出張公演。うわさのパフォーマンスをひと目……とばかりに、定員500人の会場に5000通を越える応募があったという。期待膨らむDUOにチャイムが鳴り、「間もなく開演です。私たちも朝からテンション上がってます!」と松井珠理奈のアナウンスが響いた。場内暗転。音楽と共にステージへ制服の16人が飛び出してくる。矢神久美から歌い始めた1曲目「恋を語る詩人になれなくて」。いやいやすごいっ!!走る!跳ぶ!回る!手を振る!めまぐるしく変わるフォーメーション!ノンストップの躍動感!本当にステージから風が吹いてきた(ように感じた)!!

 2曲目の受験生カップルの歌「合格kiss」は、全員メガネをかけて歌って踊る。最後に外してポーズをキメると、またステージをいっせいに走り回ってアッパーな「アンテナ」へ。腕の振りも力強くダイナミック。そして、みんなホントに楽しそう。タイトル曲「制服の芽」では、途中でジャケットを脱ぎ夏服に。円になって回ったりしながら勢い大爆発。珠理奈は思い切り頭を振り、汗が飛び散るのが見えるようだった。

 4曲で一気に引き込まれたところで、全員の自己紹介。「♪大きな栗の木の下……」「ゆっこー!!」(木下有希子)、「欲しいのは金のオノ?銀のオノ?」「ハルカオノー!」(小野晴香)といった、定番の客席とのやり取りが東京でも交わされ、“ビタミン娘”矢神は「握手会で皆さんにビタミンをあげ過ぎて、口内炎が2コできました(笑)」なんて話を。笑いも取りつつ、1人ひとりが懸命に自分をアピールしていた。

 明けてユニットコーナー。珠理奈・木下・平松可奈子の「思い出以上」は、ラテン調の情熱的なダンスチューンで大人っぽく。矢神と研究生から参加の木崎ゆりあによる「狼とプライド」は、手ぶりが可愛らしくキュート。松井玲奈のソロ「枯れ葉のステーション」は傘やトランクを使ってミュージカル風に切なく、女優ぶりを発揮……など、5組それぞれが個性を発揮した。

 後半は全員ヘソ出しのヒラヒラスカート衣装に着替え、「ジェラシーのアリバイ」から再び、目まぐるしくも壮観なフォーメーションを披露する。1人ひとりがキレのあるダンスを見せ、それが折り重なったりコントラストを作ったりで、ステージにいくつもの花が咲く感じだ。小さなハート型メガホンを使いハツラツと歌った「仲間の歌」は、メンバーが1列に肩を組んで「一緒に歌ってください!」と会場に呼び掛ける。ステージと客席に歌詞通り“心をひとつ”の幸せな一体感が生まれた。

 その後のMCは暴露大会となり、阿比留李帆が渋谷のスクランブル交差点で「スクランブルエッグだ!」と言ったとか、“男子系女子”中西優香が握手会で「ナイスバディな女の子がいて目のやり場に困った」と本当に“男”な発言をしてた……といった話が。テンション上がるとダジャレを連発する珠理奈は、矢神に「聞いてるこっちはテンション下がる」と言われてショック……てなことも。そんな他愛ないガールズトークも楽しい。\r

 本編ラストはしっとりした「水のないプール」。夢を追いかけてレッスンや仕事に打ち込みながら、ときには涙する彼女たちの「プールの底に足がつかなくてジタバタしている私たちを、これからも見守ってください」(珠理奈)との想いが込められ、感動的だった。

 アンコールでは低く沈み込んで行進する振りがユニークな「ピノキオ軍」や、シングル曲「青空片想い」「バンジー宣言」でたたみ込む。大きく繰り出す振り。最後まで躍動のエナジーが後から後から溢れ出て止まらない。メンバーたちのキラキラした笑顔の輝き!気づけば観ているこちらも、楽しくて仕方ない気分になっていた。

 「今日の公演を観たことを、皆さんがいつか胸を張って言っていただけるように、どんどん成長していきたい」と玲奈。最後の曲は「手紙のこと」。キミのことを考えて手紙を書くのがいちばん楽しい時間……。そんな歌に、ファンからSKE48への、そして実際この日ファンへ感謝の手紙を書いた玲奈らメンバーからオーディエンスへの想いが交錯し、ヒートアップしていた場内が最後、温かい空気に包まれた。

 制服の芽。まだ土の中にいる芽が、ファンの声援を水や肥料にして、きっといつか大きな花を……。
(文:斉藤貴志)
【過去のインタビュー&特集】
■選抜メンバーインタビュー
 『選抜メンバー間の人間関係が垣間見えた!?』(2010/03/24)
■PV撮影現場、密着ルポ
 『PV撮影現場に潜入!選抜メンバーの素顔&全員写真を大公開』(2010/03/17)
ライブレポート一覧へ

P R

イープラス