ミュージック インタビュー&コメント

ミュージックライブレポート
2009年11月20日
LIVE REPORT
絢香
地元・大阪で活動休止前最後の単独ライブを開催

次へ
  
活動休止前ラストライブは“新たなスタート”!
 バセドウ病の治療に専念するため、年内をもって音楽活動を無期限休止することを発表している歌手・絢香が、大阪城ホールで活動休止前ラストとなる単独ライブ『MTV Unplugged ayaka』を行った。地元・大阪でファン1万人を前に熱唱した絢香は「今日という日をどれだけ楽しみにしていたか…ありがとう」とあいさつした後、「三日月」「みんな空の下」など13曲を熱唱した。

 黒のラメ付きドレス姿で登場した絢香は、ファンから「お帰り!」と声を掛けられると、すかさず「ただいま!」と笑顔。アコースティック編成で楽曲が奏でられるなか、序盤に歌唱した「Jewelry day」「I believe」ではしっとりと聴かせた。ライブの合間には同所で11歳の頃に観覧し“人生初ライブ鑑賞”となったジャネット・ジャクソンのライブに触れ「昨日(当時座った)座席を調べて今日、そこに座っているお客さんを当てようと思ったけど……(バックステージで)黒のシートが被ってました」としっかり“オチ”までつけるトークを展開。

 その後も「ファンレターの9割は女性。でも共通項がありまして、小学生はサイン帳の紙が入っていて『これに書いて!』って。同世代からは料理のレシピが入っているんですよ」とエピソードを明かし、笑いを誘った。だが、ライブになるとそのほんわかした雰囲気は封印。真剣な眼差しで「三日月」「おかえり」などヒット曲を歌い上げ、観客を“絢香ワールド”に引き込み、楽しませた。

 4年前の初単独ライブ後、ORICON STYLEの取材に「不安だらけで初めて胃が痛くなった…」と初々しく語っていた日から4年。この日も「めっちゃ緊張する〜」と口にしていたが、デビューから次々とヒット曲を飛ばした“なにわの歌姫”だけあって、最後までペースを崩すことなくライブを進行。

 本編のラストに披露した「ありがとう。」「WINDING ROAD」では、客席に座っていた観客も総立ちになって大合唱。アンコールには、「みんな空の下」をピアノ伴奏に合わせてしっとりと歌い上げ、会場を温かな感動で包んだ。「ステージが始まる前はドキドキ、わくわく、不安も少しあったけど、みんなのパワーでめちゃくちゃいいライブになりました。ほんまにありがとう!」と深々と頭を下げると、ファンからも「ありがとう!」と大きな歓声が巻き起こった。

 「(今日は)休み前のラストライブですが、“新たなスタート”だと思いながら歌いました。これからは自分と向き合い、自分のペースで歩いていきたい。私自身としては、みんなにまた会えることを目標に、1日1日笑顔で過ごしていきたいと思います」。涙は見せずに最後まで手を大きく振りながら「ありがとう」とファンの歓声に応え、惜しまれつつステージを後にした。

 夫で俳優・水嶋ヒロが関係者席で最後の“勇姿”を見守った同ライブの模様は、特別番組として放送される。

◆『スカパー!HD』先行放送(放送日:12月18日22:00〜23:30(初回放送)、23日19:00〜20:30(再放送)、26日22:00〜23:30(再)、29日14:00〜15:30(再))
◆『MTV』放送(放送日:2010年1月3日10:00〜14:00(初回放送)、4日11:30〜15:30(再)、8日15:00〜19:00(再)、9日22:00〜26:00(再))

【MTV Unplugged ayaka】
1.Jewelry day
2.I believe
3.手をつなごう
4.Why
5.グンナイベイビー
6.Human Nature
7.ブルーデイズ
8.三日月
9.おかえり
10.夢を味方に
11.ありがとう。
12.WINDING ROAD
<アンコール>
みんな空の下
ライブレポート一覧へ

P R

イープラス

オススメ記事