• ホーム
  • 音楽
  • “AKB48公式ライバル”乃木坂46結成 一般公募でメンバー決定

“AKB48公式ライバル”乃木坂46結成 一般公募でメンバー決定

 人気アイドルグループ・AKB48の総合プロデューサー・秋元康氏公認の新グループ・乃木坂46(ノギザカフォーティーシックス)が結成されることが28日、わかった。同グループは、SKE48NMB48SDN48など、姉妹グループとは異なる“AKB48公式ライバル”としてアイドル活動を行い、メンバーは7月20日より開催されるオーディションによって決定する。

 乃木坂46は、秋元氏とソニーミュージックが手を組みプロデュースが行われ、グループ名の「乃木坂」は最終オーディションを予定している会場「SME乃木坂ビル」に由来し、「46」は「AKB48より人数が少なくても負けないという意気込み」(秋元氏)という意味で名付けられた。

 一般公募によるオーディションは、7月20日より第1次審査(書類)、8月6日と7日に全国7ヶ所(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡、沖縄)で第2次審査(面接)が、同月20日と21日に最終審査(実技)が行わる。初期メンバーは20人程度が予定されており、合格者は10月からテレビ地上波で放送予定のバラエティー番組に出演し、ソニー・ミュージックレコーズよりCDデビューが決定している。

 なお、オーディション情報や今後の活動については、公式サイトで随時発表される。

乃木坂46公式サイト





オリコントピックス