• ホーム
  • 音楽
  • 観月ありさ、20年ぶり“デビューの地”凱旋ライブで感無量

観月ありさ、20年ぶり“デビューの地”凱旋ライブで感無量

 5月15日に歌手デビュー20周年を迎える歌手で女優の観月ありさ(34)が同日、20年ぶりに歌手として初めてデビューイベントを行った東京・渋谷eggmanで20周年記念アルバム『SpeciAliSA』(5月25日発売)発売記念ライブを行った。ライブ自体が7年ぶりという観月は「あれから20年経って、またこうして歌える環境があるのは皆さんのおかげ。感謝の気持ちでいっぱいです」と感無量。応援に駆けつけたシンガー・ソングライターの尾崎亜美とともに、20年ぶりにデビュー曲「伝説の少女」をセッションし「20年ぶりに立てて嬉しい。“伝説の女性”になれて良かったです」と笑顔を見せた。

 20周年を振り返った観月は「20年もやるとは思ってなかった。デビュー曲を歌ってたらウルウルしちゃって、歴史の長さを改めて感じましたね」と感慨深げに語り「いい意味で肩の力が抜けて、柔軟になった」と分析。今回のライブも「100点!緊張したまま歌ってたら終わっちゃったけど、楽しかったです」と“完全燃焼”し、6月5日に東京・赤坂BLITZで行われる一日限りのプレミアムライブに向け「現在までの曲を、20曲以上は熱唱するかな」と意気込んだ。

 久しぶりに「伝説の少女」を歌唱したことについては「緊張感もあったんですが、当時とは違う雰囲気で歌えて、大人になったなと思いました」とニッコリ。30代も半ばに入り、プライベートの進展にも期待が寄せられるが「最近は仕事が楽しくて。まだしばらく結婚はいいかな」と、今年1年は“仕事モード”で突き進むことを誓った。

 この日は3000名の応募の中から選ばれた50人のファンを招待。観月は「当時はまだ中学生だったのに、もう立派な30代女子。あのときの元気ハツラツな感じで、初心に戻っていきたい!」と意気込み、ヒット曲「エデンの都市」や、尾崎が手掛けた新曲「Jewel」など全5曲を披露。ライブ終了後には、7年ぶりとなる握手会も行われた。



【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 歌手デビュー20周年アルバムの発売記念ライブを行った観月ありさ (C)ORICON DD inc. 
  • 歌手デビュー20周年アルバムの発売記念ライブを行った観月ありさ、7年ぶりの握手会も開催 (C)ORICON DD inc. 
  • 歌手デビュー20周年アルバムの発売記念ライブを行った観月ありさ (C)ORICON DD inc. 
  • 歌手デビュー20周年アルバムの発売記念ライブを行った観月ありさとゲストの尾崎亜美 (C)ORICON DD inc. 

オリコントピックス