• ホーム
  • 映画
  • 生田斗真「学生服はこれが最後かも」 吉高由里子と初共演・W主演で『僕等がいた』映画化

生田斗真「学生服はこれが最後かも」 吉高由里子と初共演・W主演で『僕等がいた』映画化

 俳優の生田斗真吉高由里子が映画『僕等がいた』(三木孝浩監督、2012年春公開)でダブル主演を務め、初共演することが1日、わかった。同作は『月刊ベツコミ』(小学館)で連載中の小畑友紀による同名コミックの実写映画化作品。高校で出会った男女が、大学、そして社会人へと成長していく10年以上にわたる時の流れの中で、釧路・札幌・東京を舞台に繰り広げる恋愛のときめきと、苦みを描いた壮大な純愛ストーリー。生田は「学生服を着るのはこれが最後になるかもしれないので(笑)。甘酸っぱいスクールライフを思い切り満喫したい」と語る。

 生田が演じる矢野元晴は、顔良し、頭良し、運動神経良し、と三拍子揃ったクラスの人気者だが、恋人の交通事故死が心に大きな影を落としている役どころ。本編の撮影を控え、「こんなにカッコいい、それでいてとても人間的な矢野というキャラクターを自分が演じさせてもらうことに、恐縮していますが精一杯“矢野”という人物に息を吹き込みたい」と意気込む。

 「漫画原作のラブストーリーは初めて」という吉高は、矢野が抱える心の影を受け入れ、どんな状況にあっても一途に彼を想い続けるヒロイン・高橋七美役。「今日に至るまでたくさんの方が読んで、胸が高鳴ったり、焦がされたり、愛されてきた素敵な漫画だと思います。そして、これからも残る作品として、原作ファンの方を裏切らないように、恥ずかしくないように、気持ちをかばう照れをなくして尽力したい」と覚悟を決めている。

 矢野の幼馴染の親友・竹内匡史役で高岡蒼甫、どこか他人を寄せ付けない七美の同級生・山本有里役で本仮屋ユイカの出演も決定している。監督は『ソラニン』の三木孝浩、脚本は『クローズド・ノート』の吉田智子が務める。5月より本編の撮影に入り、2012年春にラブストーリーとしては異例の前・後篇2部作連続公開を予定している。

◆映画ニュース 最新情報インタビュー



オリコントピックス