• ホーム
  • 音楽
  • 芦田愛菜&鈴木福、新ドラマ主題歌のCD発売 芦田、出来は「97点!」

芦田愛菜&鈴木福、新ドラマ主題歌のCD発売 芦田、出来は「97点!」

 人気子役の芦田愛菜(6)が、4月24日スタートの主演ドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ系 毎週日・後9:00)の主題歌「マル・マル・モリ・モリ!」を歌うことが3日、わかった。芦田は同ドラマで双子役を演じる鈴木福(6)、犬のムックとともに、役名ユニット「薫と友樹、たまにムック。」として、自身初のCDを5月25日に発売する。

 芦田が史上最年少で連ドラ初主演を務める同作は、W主演の阿部サダヲ演じる独身アラフォー男・高木護が、親友の死をきっかけに双子の姉・薫(芦田)、弟・友樹(鈴木)と、2人が拾ってきた人間の言葉を話す犬・ムックと共に暮らすことになるファンタジックストーリー。

 主題歌を歌う新1年生コンビの芦田と鈴木は、3月末に都内のスタジオで行われたレコーディングで、『崖の上のポニョ』主題歌の振り付けなどを手がけた濱田“Peco”美和子による“思わずマネしたくなる”振り付けにもチャレンジ。休憩時間にも音源を聴いたり、振り付けを確認しあったりと、一生懸命取り組む姿にスタッフは感心しきりだった。

 「笑って泣けて、癒し100%のドラマにふさわしい、聴くだけで明るく楽しくなれる素敵な主題歌が完成しました」と橋本芙美プロデューサーは手応え十分。それに対して二人は自身の出来に「ダンスをもっと頑張りたいので、97点!」(芦田)、「僕は…96点!」(鈴木)と控えめの採点だったが、お互いの出来には迷わず「100点!」と元気に答えていた。

 同曲には、しゃべる犬・ムックも参加し「おなか出して寝るなよ!」といった合いの手を入れる。



オリコントピックス