AKB48新曲、初週売上歴代6位94.2万枚

■歴代シングル初週売上記録 上位6作品はこちら

■宇多田以来、11年3ヶ月ぶりシングル初週90万枚超え 女性歴代2位

 人気アイドルグループ・AKB48の20thシングル「桜の木になろう」(16日発売)が初週94.2万枚を売り上げ、2/28付週間シングルランキング首位に初登場した。シングルの初週売上90万枚突破は、CD全盛期だった1990年代後半の99年11/22付で、宇多田ヒカルの「Addicted To You」(初週106.8万枚)が記録して以来11年3ヶ月ぶりの快挙。2000年以降に発売された作品としては最高記録となった。

 AKB48にとって、「桜の花びらたち」(2006年2月発売)、「10年桜」(2009年3月発売)、「桜の栞」(昨年2月発売)に続く4作目の桜ソングで大きな花を咲かせた。初週売上94.2万枚は、オリコンが1968年1月にシングルランキングを発表開始以来、歴代6位の好記録。女性アーティストとしては安室奈美恵「CAN YOU CELEBRATE?」(1997年3月発売)の82.8万枚を上回り、前出の「Addicted To You」に次ぐ歴代2位を記録した。

 また、昨年の年間シングルランキング1位の前々作「Beginner」(昨年10月発売/累積売上101.6万枚)で記録した、女性グループ史上最高の初週売上82.7万枚も大幅に更新。「Beginner」は登場13週目の今年1/31付で、シングルでは秋川雅史「千の風になって」以来3年5ヶ月ぶりにして自身初のミリオンセラーとなっており、今作で通算2作目のミリオン突破が確実となった。

■女性グループの7作連続首位はピンク・レディー以来約33年ぶり2組目

 AKB48のシングル首位は、自身初の首位作「RIVER」(2009年10月発売)から7作連続。女性グループによるシングル7作連続首位は、ピンク・レディーの「モンスター」が1978年7/10付で達成以来、32年8ヶ月ぶり史上2組目となる。

 昨年からシングルで記録的なセールスを連発するAKB48は、2006年にデビュー以来初のオリジナルアルバム(タイトル未定)を4月6日に発売することが決定している。



■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。




関連写真

  • 前田敦子がセンターの「桜の木になろう」通常盤TypeA 
  • 板野友美がセンターの「桜の木になろう」通常盤TypeB 

オリコントピックス