• ホーム
  • 映画
  • 新映画館『角川シネマ有楽町』2月19日開業 旧・シネカノン有楽町1丁目オープン

新映画館『角川シネマ有楽町』2月19日開業 旧・シネカノン有楽町1丁目オープン

 東京・有楽町に新しい映画館『角川シネマ有楽町』が2月19日に開業する。昨年1月28日に閉館した『シネカノン有楽町1丁目』をリニューアル。朝鮮戦争を題材にした韓国映画『戦火の中へ』(イ・ジェハン監督、同日公開)がオープニングを飾る。

 同所で15日、新生“角川映画”の2011−2012ラインナップ発表会が開催され、映画関係者らにひと足早く新映画館をお披露目。角川映画は今年1月1日に角川書店に吸収合併されたが、1976年から続く“角川映画”のブランドはそのままに、新作映画15作品(邦画9、洋画3、アニメ映画3)の製作・配給が発表された。注目は、角川映画初の3D作品として『貞子3D』(原作・鈴木光司)。新たな“リング”伝説の恐怖が3D映像で迫ってくる。

 角川映画第1作目の『犬神家の一族』から35周年の節目を迎えることもあり、角川書店の井上伸一郎代表取締役社長は「角川書店、角川グループが生み出した小説、コミック等のコンテンツを最大限に生かしてメディアミックスの幅を広げ、旬な原作を旬な時期に、最も熱い形で映像化し新しい日本映画を作っていく」と意気込みを語った。

 邦画はほかに、『漫才ギャング』(品川ヒロシ監督、3月19日公開)、芥川賞作家・中上健次原作の『軽蔑』(廣木隆一監督、6月4日公開)、作家・浅田次郎原作の『日輪の遺産』(佐々部清監督、堺雅人主演、8月27日公開)、作家・東野圭吾原作の『夜明けの街で』(若松節朗監督、今秋公開)、『月光の仮面』(板尾創路監督・主演、年内公開)、『キツツキと雨(仮)』(沖田修一監督、年内公開)、作家・綾辻行人原作の『Anotherアナザー』(古澤健監督、年内公開)、そして作家・冲方丁原作の『天地明察』(滝田洋二郎監督、2012年公開)。

 洋画はほかにジョージ・クルーニーが暗殺者を演じるスタイリッシュ・サスペンス『ラスト・ターゲット』(アントン・コービン監督、今夏公開)、ニコラス・ケイジ主演のアクション超大作『Season of the witch(原題)』(ドミニク・セナ監督、今夏公開)。

 アニメ映画は『劇場版そらのおとしもの』(柳沢テツヤ監督、初夏公開)、『劇場版ストライクウィッチーズ』(高村和宏監督、2012公開)、『ももへの手紙』(沖浦啓之監督、2012年公開)の3作品。

◆映画ニュース 最新情報インタビュー



【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 角川シネマ有楽町のオープニング作品『戦火の中へ』(2月19日公開) (C)2010 LOTTE ENTERTAINMENT & TAEWON ENTERTAINMENT. All Rights Reserved 
  • 2011年に公開される角川映画『漫才ギャング』 (C)2011「漫才ギャング」製作委員会 
  • 2011年に公開される角川映画『軽蔑』 (C)2011 『軽蔑』製作委員会 
  • 2011年に公開される角川映画『日輪の遺産』 (C)2011「日輪の遺産」製作委員会 
  • 2011年に公開される角川映画『夜明けの街で』 
  • 2011年に公開される角川映画『月光ノ仮面』 (C)「月光ノ仮面」製作委員会 
  • 2011年に公開される角川映画『Another』 
  • 2011年に公開される角川映画『貞子3D』 
  • 2011年に公開される角川映画『天地明察』 
  • 2011年に公開される角川映画『ラスト・ターゲット』 (C)2010 FOCUS FEATURES LLC.  ALL RIGHTS RESERVED. 
タグ

オリコントピックス