• ホーム
  • 映画
  • YouTube初! 新作映画予告編を3Dのまま配信 対応メガネは手作りもOK

YouTube初! 新作映画予告編を3Dのまま配信 対応メガネは手作りもOK

 劇場用長編アニメーション『攻殻機動隊S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』(3月26日公開)本編の一部と予告編が、3D映像のまま、動画配信サイト『YouTube』の作品公式チャンネルで8日から配信される。YouTubeで新作映画の3D映像が大々的に配信されるのは今回が初めて。3D映像を観るためには、『月刊ヤングマガジン』(講談社)の3号(2月9日発売)と4号(3月9日発売)に付録される『攻殻仕様 3D立体視メガネ』を使用するか、公式サイトから自作キットをダウロードして手作りもできる。

 同作は、『東のエデン』の神山建治監督とプロダクションI.G製作の大ヒットアニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』シリーズの3作目。完全新作作画のオープニングをはじめ、観客自身が“電脳化”したような視点で展開される新感覚の3D作品として生まれ変わった。YouTube公式チャンネルはhttp://www.youtube.com/PH9、公式サイトはhttp://www.ph9.jp

 西暦2034年。「梵」の刺青を入れた男たちが相次いで不審な自殺を遂げる事件が発生。トグサ率いる公安9課は、自殺した13人が元シアク共和国最高指導者カ・ルマ将軍に忠誠を誓う特殊工作員で、テロを計画していたことを突き止める。その後、工作員の一人で国外逃亡を図ったカ・ゲル大佐を追い詰めるも「傀儡廻が来る!」という言葉を残し、彼もまた自殺するのだった。その様子を監視していたのは、かつて公安9課のリーダーだった草薙素子。彼女は数種類のリモート義体をまるで傀儡のように操り、事件の裏側で密かに暗躍を続けていた。

【動画】新作続々!映画予告編⇒


◆映画情報 最新映画ニュース一覧インタビュー バックナンバー



【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』より  (C) 2011 士郎正宗・Production I.G / 講談社・攻殻機動隊製作委員会 
  • 『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』より  (C) 2011 士郎正宗・Production I.G / 講談社・攻殻機動隊製作委員会 
  • 『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』より  (C) 2011 士郎正宗・Production I.G / 講談社・攻殻機動隊製作委員会 
  • 『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』より  (C) 2011 士郎正宗・Production I.G / 講談社・攻殻機動隊製作委員会 
  • 『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』より  (C) 2011 士郎正宗・Production I.G / 講談社・攻殻機動隊製作委員会 
  • 『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』より  (C) 2011 士郎正宗・Production I.G / 講談社・攻殻機動隊製作委員会 
タグ

オリコントピックス