• ホーム
  • 映画
  • 芦田愛菜、史上最年少6歳でドラマ初主演 〜『Mother』スタッフ再集結

芦田愛菜、史上最年少6歳でドラマ初主演 〜『Mother』スタッフ再集結

 泣ける“天才子役”として人気の女優・芦田愛菜が今年3月、スペシャルドラマ『さよならぼくたちのようちえん』(日本テレビ系)で初主演を務めることが30日、わかった。6歳での主演は日本のドラマ史上最年少とあって、芦田も「とても緊張しています」とコメント。卒園式を控え、同じ幼稚園に通う児童5人がある目的の達成を目指し旅に出る幼稚園児版“スタンド・バイ・ミー”が展開される。脚本に坂元裕二、監督は水田伸生と、芦田の出世作となった『Mother』(同局)のスタッフが集結し、子どもたちを主人公としながらも、大人の都合だけで成立した現代社会に疑問符を投げかける作品となっている。

 芦田自身もこの春から新1年生となり、卒園式は目の前。「同じ年のお友達とお芝居をすることが今まで少なかったので、今回はみんなで一緒にいられることがとても楽しみです。今はみんなでシール交換などをしています」と、本物の幼稚園さながらの現場で撮影を楽しんでいるようだ。

 『Mother』の制作中に坂元氏とプロデューサー・次屋尚氏の間では「リアルな子ども目線のドラマを作りたい」と、すでに今回の企画は構想段階にあったという。次屋氏は「このドラマはとても大切なテーマを忍ばせています」と話し、6歳の幼稚園児の目線だからこそ見えてくる社会の矛盾や、何より“忘れかけていた真っ直ぐな想い”を描く。

 タイトル「さよならぼくたちのようちえん」は、ここ数年、全国の卒園式で徐々に定番となりつつある同名の合唱曲。卒園を控え、5人の子ども達が自分の力で電車を乗り継ぎ、見知らぬ土地へ旅に出る。たった1つだけ「何があっても絶対に泣かないこと」という約束を胸に……。映画『なくもんか』で渾身の家族愛を手がけた水田監督の演出と、視聴者を釘付けにする芦田の迫真の演技、そしてクライマックスでの園児達の大合唱に思わず涙が溢れることになりそうだ。



オリコントピックス