坂本真綾、デビュー15年目で初首位

 声優で歌手の坂本真綾の7thアルバム『You can’t catch me』(12日発売)が発売初週2.7万枚を売り上げ、1/24付週間アルバムランキングの首位に初登場。1996年4月の歌手デビュー以来、キャリア15年目でシングル・アルバムを通じて初の首位を獲得した。

 坂本の過去最高位は、シングル「トライアングラー」(2008年4月発売)、ベストアルバム『シングルコレクション+ニコパチ』(2003年7月発売)、15周年記念ベストアルバム『everywhere』(昨年3月発売)、オリジナルアルバム『かぜよみ』(2009年1月発売)の4作でいずれも3位だった。

 今作は、歌手デビュー15周年記念企画第6弾作品。スキマスイッチ・常田真太郎、真心ブラザーズ・桜井秀俊らの提供曲のほか、シュガー・ベイブの名曲「DOWN TOWN」のカバーを含む全12曲を収録した。初回限定盤は、昨年3月に東京・日本武道館で行われた15周年記念ライブの音源や未発表曲を収録したスペシャルCD付き。

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。




関連写真

  • 坂本真綾 
  • 7thアルバム『You can’t catch me』(※写真は通常盤) 
タグ

オリコントピックス