『KAGEROU』2週連続首位、実売54.9万部突破

【ランキング表】
BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

 俳優・水嶋ヒロが、本名の齋藤智裕名義で書いたデビュー小説『KAGEROU』(ポプラ社)が、発売2週目も19.7万部を売上げ、初登場した前週に続き2011年1/3付オリコン“本”ランキングBOOK(総合)部門首位をキープした。デビュー小説が同部門2週連続首位を獲得するのは、2008年4月からの同ランキング開始以来初めて。総発行部数が100万部を超えたと28日に同社から発表されたばかりだが、累積実売は54.9万部となった。

 『第5回 ポプラ社小説大賞』で、応募総数1285作の中から第1回以来4年ぶりの大賞を受賞した同作。受賞発覚直後から同社に問い合わせが相次ぎ、予約数だけで40万部に到達。初登場した前週12/27付で記録した初週実売35.1万部は、『ハリー・ポッターと死の秘宝』(J.K.ローリング・著 松岡佑子・訳/2008年7月発売)の119.1万部、『1Q84 BOOK3』(村上春樹・著/2010年4月発売)の39.8万部に続き、同部門の歴代初動売上3位につける好発進をしていた。

 『KAGEROU』は、「命とは何か?」「人間の価値とは何か?」という深遠なテーマをダイナミックな物語構成で鋭く切り込んだ哀切かつ峻烈な“命”の物語。映画化を視野に入れて書いたという同作には、すでにいくつかの製作会社から映画化オファーも届いているといい、年明け後もしばらく“KAGEROUフィーバー”は続いていきそうだ。

 そのほか同部門には、実写映画化、漫画化などでも話題の『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(岩崎夏海・著/ダイヤモンド社)が、前週に続いて2位をキープ、累積実売は150万部を突破した。シーズンを迎え好調の年賀状関連本は、前週同様5作がTOP10入り。人気作家・西尾維新氏の“物語”シリーズ最新作『傾物語』(講談社/12月24日発売)は7位に初登場している。

■調査協力店
旭屋書店、アニメイト、Amazon.co.jp、紀伊國屋書店、くまざわ書店(くまざわ書店/いけだ書店/ACADEMIA)、コミックとらのあな、三省堂書店、三洋堂書店、セブンネットショッピング、TSUTAYA、戸田書店、明屋書店、フタバ図書、ブックスタマ、丸善、漫画全巻ドットコム、未来屋書店(未来屋書店/ミライア/ブックバーン/LE MIRAI/MIRAIYA SHOTEN)、八重洲ブックセンター本店、有隣堂、楽天ブックス、LIBRO、WonderGOO ほか全国書店1717店舗(WEB通販含む)※2010年10月18日付現在(五十音順)

■オリコン“本”ランキング
書籍を販売している全国の書店およびWEB通販の週間売上をもとに全国推定売上部数を算出し順位を確定。「BOOK」「コミック」「文庫」の主要3ランキングと、「新書」「ビジネス書」を毎週木曜日に発表する。今後も月曜日分の売上から翌日曜日分までの売上を週間ランキングとして集計。それらをもとに月間ランキング及び年間ランキングも発表する。

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。



【ランキング表】 BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

オリコントピックス