• ホーム
  • 映画
  • 2010年ヒットCM1位は「ソフトバンクモバイル」 “嵐”効果で「任天堂」も躍進

2010年ヒットCM1位は「ソフトバンクモバイル」 “嵐”効果で「任天堂」も躍進


CMに関する調査を行うCM総合研究所が10日、2010年度のCM好感度ランキングを発表し、視聴者の好感度が最も高かった企業が「ソフトバンクモバイル/SoftBank」だったことがわかった。「白戸家」シリーズが人気を牽引し、4年連続で1位という金字塔を打ち立てた。上位を携帯電話会社が独占するなか、CM開始1年目のブランドで唯一のランクインとなった「任天堂/NEW スーパーマリオブラザーズ Wii」が6位と健闘。CMキャラクターには人気グループ・嵐を起用しており、その人気ぶりをうかがわせる結果となった。

今年度も圧倒的な強さをみせた1位の「ソフトバンクモバイル」は、6月のW杯開催時期にはサッカーを題材にしたCM、7月に行われた参...

この記事の画像

  • 2010年 CM好感度ランキング1位は、“お父さん犬”の活躍が印象的な『ソフトバンクモバイル/SoftBank』に  
  • 2010年 CM好感度ランキング2位は『KDDI/au』 
  • 2010年 CM好感度ランキング3位は『NTT ドコモ/NTT DOCOMO』 
  • 2010年 CM好感度ランキング1位は『ソフトバンクモバイル/SoftBank』に  
  • 2010年 CM好感度ランキング1位は『ソフトバンクモバイル/SoftBank』に  
  • 2010年 CM好感度ランキング1位は『ソフトバンクモバイル/SoftBank』に  
  • 2010年 CM好感度ランキング1位は『ソフトバンクモバイル/SoftBank』に  
タグ

オリコントピックス