• ホーム
  • 芸能
  • 今年最も歌われた「カラオケランキング」、1位坂本冬美 〜演歌トップは史上初

今年最も歌われた「カラオケランキング」、1位坂本冬美 〜演歌トップは史上初

■ランキング表はこちら

 業務用通信カラオケの第一興商が1日、『2010年 年間カラオケリクエストランキング TOP20』を発表し、楽曲別では演歌歌手・坂本冬美の【また君に恋してる】が見事1位に輝いた。同ランキングで演歌の首位獲得は史上初の快挙。次いで過去08、09年で2連覇を飾ったGReeeeNの【キセキ】は2位に、3位には昨年TOP20圏外だったヒップホップ・ユニットのヒルクライムの【春夏秋冬】が続いた。また歌手部門では【EXILE】が3連覇を達成し、不動の人気を見せつける結果となった。

 2009年1月に発売された「また君に恋してる/アジアの海賊」は、今年4/26付シングルランキング(オリコン調べ)で初のTOP3にランクインし、2009年1月の発売から1年4か月を経てのブレイク。今年の『上半期 カラオケランキング』(同社調べ)でも4位に付けており、今年で歌手生活24周年を迎える坂本にとって大金星といえそうだ。これまで演歌といえば、年配層だけがカラオケで歌うものという固定概念があったが、昨年の『紅白』で同曲を披露して以来、若年層からも高い支持を獲得。名曲は世代を超えて語り継がれるということを改めて立証した。

 このほかの注目は、今年の『第61回 紅白歌合戦』(NHK総合)に初出場が決定した西野カナ。【もっと…】が14位に登場し、2月に発売した【Best Friend】は22位にランクイン。今年発売した楽曲のなかでは、No.1を記録した。

 一方、アーティスト別ランキングは、1位【EXILE】、2位【嵐】、3位【浜崎あゆみ】。2位の「嵐」は、昨年7位から大幅にランクアップしている。また6位の【西野カナ】、8位の【いきものがかり】、13位の【AKB48】と、今年の顔とも言えるアーティストたちが続々と浮上している。

※調査期間:2010年1月〜11月。第一興商の通信カラオケDAMシリーズ全機種の歌唱度数によるもの。

>>2010年「年間ランキング」TOP40も発表
■第一興商の公式サイト









オリコントピックス