• ホーム
  • 音楽
  • 宇多田ヒカル、史上初の1stから7作連続アルバム首位

宇多田ヒカル、史上初の1stから7作連続アルバム首位

 年内でアーティスト活動を無期限休止する歌手・宇多田ヒカルのベストアルバム第2弾『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2』(24日発売)が発売初週23.1万枚を売り上げ、12/6付週間アルバムランキング首位に初登場。史上初めて、1stから7作連続でのアルバム首位獲得となった。

 宇多田は1stアルバム『First Love』(1999年3月発売)で歴代最高セールス(累積売上765.0万枚)を記録、続く2ndアルバム『Distance』(2001年3月発売)では歴代最高の初週売上300.0万枚を記録するなど、今作も含めてオリジナルアルバム5作、シングルコレクション2作の全7作で首位を獲得。前作まで6作連続首位でタイ記録だったKinKi Kidsを上回り、単独1位の新記録を樹立した。

 本作のヒットにより、2004年3月発売のベストアルバム第1弾『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1』も前週167位から43位へと急上昇、累積売上を259.5万枚に伸ばした。

 今作はCD2枚組で発売。Disc1には「誰かの願いが叶うころ」「Flavor Of Life-Ballad Version-」「Prisoner Of Love」などヒットシングル13曲を、Disc2には映画『あしたのジョー』主題歌「Show Me Love (Not A Dream)」、5年ぶりに本人がCM出演したペプシネックスCMソング「Hymne a l’amour 〜愛のアンセム〜」など新曲5曲を収録した。

 アルバムを引っさげて、12月8、9日に横浜アリーナで開催する4年ぶりのコンサートのチケットは、21日の一般発売開始とともに即完売しており、年末にかけても宇多田の話題が席巻しそうだ。

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。




関連写真

  • 宇多田ヒカル photo Tamotsu Fujii 
  • 宇多田の「宇」から、宇宙のジャケットに 

オリコントピックス