• ホーム
  • 映画
  • 宇多田ヒカル、自身初のXmasソングをCMで披露

宇多田ヒカル、自身初のXmasソングをCMで披露

 年内でアーティスト活動を一時休止することを発表している歌手の宇多田ヒカルが、イメージキャラクターを務める『ペプシネックス』(サントリー)の新CMに出演し、自身初のクリスマスソング「Can’t Wait ’Til Christmas」を披露していることが29日、わかった。

 同楽曲は、12/6付週間オリコンアルバムランキングで1位となったアルバム『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2』(11月24日発売)に収録されており、数々の宇多田の作品のなかでも、ここまで季節感を前面に出したものは例がない。そんな彼女にとって初のクリスマスソングは、「こういうタイプの曲は、曲を待ってくれているファンの存在があるからこそ出てくるものであり、今回の楽曲はその最たるもの。だから(今回は)そういうことをなにかやりたいと思った」というファンへの感謝の思いから誕生した。

 宇多田は、ダッフルコートにミニスカート、ファーブーツと全身真っ白なファッションで画面に登場。雪が降り積もる冬景色のなか、巨大なペットボトルに寄りかかりながら、切ないメロディーと印象的な歌詞をしっとりと歌いあげる。これまで同CMシリーズは、コブクロ倖田來未ザ・クロマニヨンズなど人気アーティストが洋楽をカバーして話題に。前作では宇多田も故エディット・ピアフの名曲「イム・ア・ラムール」(愛の讃歌)をカバーしているが、今回は一転、宇多田自身のオリジナル楽曲を使用している。

 『ペプシネックス』の新CM『宇多田ヒカルクリスマス』篇は、12月4日より全国で放送開始。

◆話題の作品が続々登場! 最新CM情報記事一覧



関連写真

  • 自身初のクリスマスソングを『ペプシネックス』(サントリー)新CMで披露する宇多田ヒカル 
  • ダッフルコートにミニスカートを合わせ女の子らしい衣装もキュートな宇多田ヒカル/『ペプシネックス』(サントリー)新CM 
  • しっとりとクリスマスソングを歌いあげる宇多田ヒカル/『ペプシネックス』(サントリー)新CM 

オリコントピックス