• ホーム
  • 音楽
  • 椎名慶治がソロデビュー、SURFACE解散後初アルバム

椎名慶治がソロデビュー、SURFACE解散後初アルバム

 今年6月、12年の活動にピリオドを打った男性2人組ユニットSURFACEのボーカル・椎名慶治が、解散後初となるミニアルバム『I』を10日リリース、ソロデビューした。

 「ソロになってもやりたいことだけやっていく」というスタンスは変わらない。SURFACE時代の椎名がライブでときおり見せるある種芸人的なトークが、激しいライブパフォーマンスとギャップがあって独特だったが、それがソロになることでより浮かびあがっていくのか、それとも隣に朋友のギタリストがいなくなって、しかし「一番好きな楽器はギター」とこだわる椎名が新境地を見せていくのか、そんなことを考えながら聴くと、このソロアルバムがいっそう面白みを増す。

 プロデューサーには、SURFACE時代からのサポートメンバーでプライベートでも交流のある山口寛雄氏を迎え、SURFACEデビュー当時のプロデュースを手掛け、育ての親ともいえる武部聡志氏もピアノで参加している。アルバムタイトルの『I』は「愛」「一人」「一枚目」という意味が込められているが、そのまま等身大の椎名が収録の7曲に凝縮。3曲目の「取り調べマイセルフ」は、読売テレビ・日本テレビ系「秘密のケンミンSHOW」のエンディング曲ですでにオンエア中だ。「ソロでSURFACEを超える気が満々と伝わってくるけど?」と聞いたら「可能性は無きにしも非ず」(椎名/アルバム収録7曲目のタイトル)と、らしい答えが返ってきた。

 また、今年6月に東京国際フォーラムで行われたSURFACEの解散ライブ『Last Attraction』のDVDが同時発売。限定5000本での販売予定が、予想を上回る予約があったため追加生産している。



関連写真

  • ソロ活動をスタートさせた椎名慶治 
  • 椎名慶治の初ソロアルバムレコーディング時の共同プロデューサーの山口寛雄氏(写真右)と武部聡志氏(写真左) 

オリコントピックス