• ホーム
  • 映画
  • 小栗旬が悪徳獣医役で連ドラ主演!井上真央と“花男”以来の共演

小栗旬が悪徳獣医役で連ドラ主演!井上真央と“花男”以来の共演

■その他の写真ニュースはこちら

 俳優・小栗旬が、10月スタートの新ドラマ『獣医ドリトル』(TBS系 日曜後9時)で主演を務めることが23日、わかった。原作は漫画雑誌『ビッグコミック』(小学館)連載の同名漫画で、口が汚く金と飼い主に厳しい“悪徳”敏腕獣医を演じる。ヒロインの多島あすか役には、『花より男子』(同局系)以来の共演となる女優・井上真央、さらにライバル獣医として成宮寛貴を起用。共演経験のある2人との再会に小栗は「井上さん、成宮くんと正直家族と仕事をするような気分」と喜びを隠せないようだ。

 2009年10月クールの『東京DOGS』(フジテレビ系)以来1年ぶりの連ドラ主演となる小栗が、「獣医はビジネス」が口癖の敏腕獣医・ドリトルこと鳥取健一を熱演。口は悪いが、確かな腕と動物だけでなく、飼い主の心までも見抜く洞察力を持つドリトルを通して、命の大切さを問う。

 今作では、小栗がイケメンキャラ・花沢類を演じ大ヒットを記録した『花より男子』で、主人公・牧野つくしを演じた井上と再び共演。また、小栗とはドラマ『Stand Up!!』(同局系)、舞台『お気に召すまま』などで共演している成宮をライバルとして迎え、プロデューサー・瀬戸口克陽、演出・石井康晴ら『花より男子』スタッフが顔をそろえる強力布陣だ。

 動物たちと深くかかわることに対し、ヒロインを務める井上は「小さい頃から動物に関わるお仕事にはずっと魅力を感じていたので、夢を叶えてもらったかのようでとても嬉しいです!」と長年の夢がかなったことを告白。

 また、成宮も「小栗くんとはデビュー以来、本当にたくさんの作品で共演してきているので、心強い存在です」と堅い絆で結ばれた信頼関係を明かす一方、「井上さんとは初めてなので、どんな女優さんなのか今からドキドキしています」と井上との初共演を楽しみにしているようだ。

 瀬戸口克陽プロデューサーは、今回のドラマ化にあたり「ペットが“ブーム”から“文化”として我々人間と切り離せない存在になってきている今だからこそ、“命の大切さ”に真摯に向き合っていきたいと思っています」と熱く語る。そんな制作意図を汲み取るように小栗自身も「我々がどう動物と向き合うべきなのか、そして、我々も一つの動物であるのだと言うことを視聴者の皆さんと共に考えていけるような作品をお届けできるように、皆で作り上げていきたい」と意気込む。登場人物たちを通し“ペットブーム”に潜む深刻な社会問題に鋭くメスを入れる作品となりそうだ。


◆関連ニュース TBSドラマ



関連写真

  • 2010年10月より放送されるTBSドラマ『獣医ドリトル』に出演する(左から)成宮寛貴、主演の小栗旬、井上真央 
  • 原作の『獣医ドリトル』7巻(小学館) 

オリコントピックス