• ホーム
  • 芸能
  • 角川ラノベ、またも盗作発覚で発売中止&回収 作家は断筆を示唆

角川ラノベ、またも盗作発覚で発売中止&回収 作家は断筆を示唆

 角川ビーンズ文庫刊行の作家・葵ゆう氏のライトノベル『ユヴェール学園諜報科』に他作品からの流用が発覚し、葵氏がこの事実を認め作品が出荷停止、絶版、回収となることが5日、わかった。角川書店が同日付の公式ホームページで発表したもので、「他作品からの表現の一部流用が複数箇所認められました」と流用を認め、「本作をご愛読いただいた読者の皆様、書店及び販売会社の皆様、他関係者の皆様に多大なご迷惑とご不快な思いをお掛けしました。大変申し訳ございません」と謝罪している。今年6月には、同じ角川グループホールディングス傘下のアスキー・メディアワークス電撃文庫刊行の『俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長』も他作品からの流用で回収となっており、角川グループ内で1ヵ月以内に2度目となる盗作によるライトノベル回収騒ぎとなった。

 『ユヴェール学園諜報科』は、天涯孤独の少年・アルベルトが公爵家の次期当主であるヴァルターと出会ったことから始まる男だらけの学園スパイ物語。2009年10月1日に1作目『ユヴェール学園諜報科 一限目は主従契約』が刊行されて話題を呼び、今年3月1日に第2作『ユヴェール学園諜報科 生徒会長と二限目を』が発売。8月1日に最終巻が刊行予定だったが流用の事実により、刊行は中止となる。今回の事態に角川ビーンズ文庫編集部は、「編集部としても強く責任を感じており、今後は新人作家のモラル向上、作家育成も含め、再発防止に努めて参る所存です」と再発防止に努めるとしている。

 また作者である葵氏は、「今まで『葵 ゆう』を応援してくださった読者の皆様、イラストをご提供いただいた樹要先生、この度は大変申し訳ございませんでした。作家として最もやってはいけない行為に、及んでしまった自分の短慮を、今では深く反省しております」と流用を認めて謝罪。「今後の作家活動につきましては白紙とし、改めて皆様に心よりお詫び申し上げます」と断筆の可能性もあることを示唆している。

 6月には、同じ角川グループホールディングス傘下のアスキー・メディアワークス・電撃文庫刊行の『俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長』(2010年5月10日発売/哀川譲 著)が同じ角川グループ内のエンターブレイン・ファミ通文庫『バカとテストと召喚獣』(井上堅二 著)などと類似する箇所が見受けられ、出荷停止、絶版、回収となっている。



オリコントピックス