• ホーム
  • 芸能
  • 『1Q84』ヒットで上半期総売上124.3万部、村上春樹が作家別1位

『1Q84』ヒットで上半期総売上124.3万部、村上春樹が作家別1位

■全19ジャンルのランキングがわかる
『2010年上半期“本”ランキング』はこちら!

 “全国の推定売上部数”に基づく2010年上半期の書籍売上をまとめた『オリコン2010年上半期“本”ランキング』(調査期間:2009年11月23日〜2010年5月23日)が3日発表され、最新小説『1Q84』(新潮社)がヒット中の村上春樹氏がBOOK(総合)部門の作家別売上で1位となった。売上68.0万部の『1Q84 BOOK3』、同29.9万部の『BOOK1』、20.3万部の『BOOK2』(共に2009年5月同時発売)をはじめ、著書が上半期総売上124.3万部を記録した。

【上半期“本”ランキング】BOOK(総合)部門 TOP25

 売上の大部分を占めた『1Q84』は、過ぎた1984年の“こうであったかもしれない世界”を描いた作品。村上氏にとって2004年9月の『アフターダーク』以来5年ぶりの新刊小説は前評判どおりの大ヒットとなり、2009年の年間ランキングBOOK部門では『BOOK1』が1位、『BOOK2』が3位を記録し、5月30日現在までに3巻合計で320万部を売り上げている。

 今年4月16日には続編『BOOK3』が発売され、発売日には都内のSHIBUYA TSUTAYAや青山ブックセンター六本木店など終夜営業を行う一部店舗には、午前0時にも関わらずいち早く新刊を手にしようとファンが列を作った。また、3巻発売の相乗効果で、前2巻も再びランキングを駆け上がった。

■BOOK(総合)作家別TOP5
順位 著者名 期間内推定売上部数 主な代表作
1位 村上春樹 124万2613部 『1Q84 BOOK3』
2位 山本千尋 116万4120部 『バンド1本でやせる! 巻くだけダイエット』
3位 西尾維新 67万1497部 『零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係』
4位 池上彰 52万6279部 『知らないと恥をかく世界の大問題』
5位 蛇蔵&海野凪子 51万4659部 『日本人の知らない日本語 2』

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


■全19ジャンルのランキングがわかる
『2010年上半期“本”ランキング』はこちら!



オリコントピックス