観光ガイドブック、GW売上1位は「奈良」

【ランキング表】
BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

 ゴールデンウィーク、最も観光されたのは奈良県だったのかもしれない。連休前半、4月26日(月)〜5月2日(日)を集計した最新5/10付オリコン“本”ランキングBOOK(書籍総合)部門では、観光ガイドブックが人気を集めた。“平城遷都1300年祭”の開催で盛り上がる「奈良大和路」にスポットを当てた『るるぶ 奈良・大和路 ’10〜’11』(JTBパブリッシング)、『まっぷるマガジン 歩く奈良 大和路 ’10〜’11』(昭文社)の2作は、共に圏外から初のTOP100入りを果たした。

 独特な容姿の“ゆるキャラ”として親しまれる、せんとくんがイメージキャラクターを務める『平城遷都1300年祭』は、1月1日から12月31日までの1年間にわたり奈良県各地でさまざまなイベントを実施する記念事業。2010年は年始から名スポットとして注目を集めていた奈良だが、大型連休直前の4月24日にメイン会場となる平城宮跡会場がオープンしたことから、人気に火がついたと共にガイドブックも好セールスを記録した。

 今回初TOP100入りした『るるぶ〜』、『まっぷるマガジン〜』の2作は、前週5/3付で207位、252位と共に200位台だったのに対し、今週は71位、97位へ大きくランクアップ。そのほか、101位以下にも『奈良おさんぽマップ』(実業之日本社)、『遷都1300年 奈良の旅』(JTBパブリッシング)などがランクインしていることから、ゴールデンウィーク中の観光ガイドブックの売上としては、奈良が1番だったといえる。なお、奈良に続く人気は、NHK大河ドラマ『龍馬伝』で脚光を浴びる「四国」のガイドブックだった。

 一方、BOOK部門の首位は、4月16日発売の村上春樹『1Q84 BOOK3』(新潮社)が獲得。初登場からの3週連続1位の記録は、文芸書としては昨年5月発売の『1Q84 BOOK1』以来約1年ぶり。累計売上は57.2万部に達し、3週目にして50万部を突破した。また、4月28日にニンテンドーDS用ソフトとして発売された『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2』のナビゲート本『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2 NDS版 ランクアップナビゲーター』(集英社)は、発売初週で8.9万部を売上げ、2位に初登場している。

■調査協力店
旭屋書店、アニメイト、Amazon.co.jp、紀伊國屋書店、くまざわ書店、コミックとらのあな、三省堂書店、三洋堂書店、セブンアンドワイ(WEB通販)、TSUTAYA、戸田書店、明屋書店、フタバ図書、丸善、漫画全巻ドットコム、未来屋書店、八重洲ブックセンター本店、有隣堂、楽天ブックス、リブロ、WonderGOO ほか全国書店1717店舗(WEB通販含む)※7月6日付現在(五十音順)

■オリコン“本”ランキング
書籍を販売している全国の書店およびWEB通販の週間売上をもとに全国推定売上部数を算出し順位を確定。「BOOK」「コミック」「文庫」の主要3ランキングと、「新書」「ビジネス書」を毎週木曜日に発表する。今後も月曜日分の売上から翌日曜日分までの売上を週間ランキングとして集計。それらをもとに月間ランキング及び年間ランキングも発表する。

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。



【ランキング表】 BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

オリコントピックス