• ホーム
  • 映画
  • 異色コラボ実現! 生田斗真と涼宮ハルヒがCM共演

異色コラボ実現! 生田斗真と涼宮ハルヒがCM共演

■その他の写真ニュースはこちら

 俳優の生田斗真と『涼宮ハルヒ シリーズ』の主人公・涼宮ハルヒが、ロッテのガム『ACUO』の新CMで共演していることが30日までにわかった。同CMは、生田から“いい息”を吹きかけられた女性が、アニメキャラのハルヒに変身してしまうというストーリーを展開。そのほかにも、朝比奈みくるや長門有希といった人気キャラクターたちも登場し、CMを盛り上げる。

 CMは、同商品を噛みながら買い物に訪れた生田が、ブティックの店員にお目当ての商品が品切れと言われ思わずため息をつくと、その“いい息”にうっとりとした店員がなぜか突然、みくるに変身。これを目にした店長が「人のことアニメにしていいとでも!」と生田に詰め寄ると、彼が「すいません」という言葉とともに吐き出した“いい息”で、今度は店長がハルヒに変身!! 訳が分からず慌てて店を飛び出した生田は、さらに路地裏の猫も同様に長門へと変えてしまう・・・という奇想天外な内容となっている。

 見えないアニメキャラとの共演という難しい役どころに、監督と入念な打ち合わせを重ねた生田。目線の動かし方や腕の仕草など細部にまでこだわった演技で、現実にはあり得ない出来事を上手く表現した。また、ブティックの店長に詰め寄られるシーンでは「もっとギリギリまで近寄って。上体をのけ反る感じで」という監督の指示のもと、かなり至近距離での撮影が行われた。「カット」の声がかかると、本番では真剣な表情で演技をしていた生田も、あまりの近さに照れ笑いを浮かべていたという。

 ライトノベルから人気に火がついた『涼宮ハルヒ シリーズ』は、宇宙人や未来人、超能力者の到来を望む女子高生・涼宮ハルヒを中心とするSOS団が、様々なエピソードを繰り広げるSF学園ストーリー。その人気は拡大し続け、漫画、アニメなど幅広いジャンルでも話題を呼ぶ。2月には劇場版『涼宮ハルヒの消失』で映画化もされている。

 “息をデザインするガム”『ACUO』の新CM『ブティック』篇は、4月5日より全国で放送開始。

◆オモシロ作品が続々登場!「CM」情報記事一覧



タグ

オリコントピックス