• ホーム
  • 映画
  • 上戸彩が初の刑事役!! 北大路欣也と“予想外”のドラマ初共演

上戸彩が初の刑事役!! 北大路欣也と“予想外”のドラマ初共演

■その他の写真ニュースはこちら

 女優・上戸彩が、4月スタートの新ドラマ『絶対零度〜未解決事件特命捜査〜』(フジテレビ系 火曜・後9時)で初の刑事役に挑戦することが2日、わかった。昨年11月に警視庁内に新設された“特命捜査対策室”を初めて舞台にした連続ドラマで、上戸は新米巡査部長・桜木泉を演じる。共演として俳優・北大路欣也が対策室の室長を演じ、某人気CMで“親子”として共演している2人が、“上司と部下”としてドラマ初共演を果たす。上戸は「初めての刑事役なので、新しい顔をお見せできるよう、頑張ります!」と気合十分。北大路も「個性豊かな方々との共演に、胸弾ませております」と胸中を明かしている。

未解決事件や失踪者が巻き込まれた疑いがあるケースを、DNA鑑定など最新の科学捜査を駆使して捜査する警視庁の新しい捜査チーム・特命捜査対策室を舞台にした初の連続ドラマである今作。これまでに熱血テニス少女、半人前のフライト・アテンダント、最強の女刺客、わがままセレブなど数多くの役を演じてきた上戸が、真実を知るために地道な努力を積み重ねる正義感あふれる刑事を体当たりで演じる。番組企画担当の成河広明氏は「未解決事件という時空を超えた難題に立ち向かう女性刑事の等身大の姿と成長を演じることができる女優は、上戸さんしかいないと確信し、ご出演をお願いしました」と起用理由を明かしている。

 上戸が所属する特命捜査対策室第4係のチームメンバーとして、個性豊かなキャスト陣が集結。室長で刑事ドラマには欠かすことができない頼れるボス役には、北大路欣也が出演。“予想外”がキーワードの某人気CMで犬の姿の父親と人間の娘の“親子”として共演している2人が、ボスと新米刑事という新たな関係でドラマ初共演する。また、対策室きっての武闘派役に宮迫博之、元鑑識官で現在上席警部の特命捜査第4係長に杉本哲太が出演。そのほか、山口紗弥加丸山智己中原丈雄北川弘美木村了らが顔を揃える。

 上戸は、2000年にはドラマ『涙をふいて』(フジテレビ系)で女優デビュー。01年、『3年B組金八先生』(TBS系)で性同一性障害の中学生・鶴本直を演じ、感性豊かな演技を披露。03年『ひと夏のパパへ』(同局系)で連続ドラマ初主演を果たす。以降、『エースをねらえ!』(テレビ朝日系)、『アテンションプリーズ』(フジテレビ系)など数多くのドラマで主演。歌手業も行うほか、08年、09年の『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)の司会を務めるなど多方面で活躍している。

◆関連ニュース ドラマフジテレビ


 上戸彩



関連写真

  • ドラマ『絶対零度〜未解決事件特命捜査〜』で主演を務める上戸彩 
  • ドラマ『絶対零度〜未解決事件特命捜査〜』に出演する北大路欣也 

オリコントピックス