• ホーム
  • 芸能
  • 朝青龍の暴行騒動で、渦中の個人マネジャーがブログで謝罪&辞意を表明

朝青龍の暴行騒動で、渦中の個人マネジャーがブログで謝罪&辞意を表明

■その他の写真ニュースはこちら

 横綱・朝青龍の暴行騒動で、事件発覚当初に被害者と名乗り出た朝青龍の個人マネジャーで、先代高砂親方(元小結富士錦・故人)の次男・一宮章広氏次男・一宮章広氏が2日付の公式ブログで、マネジャー職を辞める意向を明かした。一宮氏は「本場所中の大事な時期に自分の軽率な発言で関係者をはじめ高砂親方、横綱、相撲を応援してくださる方々に多大なる御迷惑をおかけした事をお詫び申し上げます」と謝罪。さらに、「横綱と相談させていただいた結果、この件が解決したのち横綱のマネジャーを辞めさせていただく事になりました」と明かしている。

 朝青龍は、大相撲初場所中の1月16日未明に泥酔状態で一宮氏を小突き、パトカー2台が駆けつける騒動となっていた。ところが、1月28日発売の週刊誌『週刊新潮』(新潮社)で、別の被害者男性がおり、鼻骨骨折など全治1カ月の重傷を負ったとの記事を掲載した。師匠の高砂親方は被害者が一宮氏でなかったことを認め、相撲協会が調査委員会を設置し、真相を調査している。

 一宮氏は、高砂親方の次男で、2003年から朝青龍の個人マネジャーを担当。ブログは、2008年8月に開設され、マネジャーの一宮氏だから書ける朝青龍のエピソードを綴り、朝青龍ファンからも熱烈に支持されていた。

◆関連ニュース スポーツ騒動・トラブル



オリコントピックス