• ホーム
  • 芸能
  • 『ONE PIECE』全56巻、コミックス部門200位以内に登場

『ONE PIECE』全56巻、コミックス部門200位以内に登場

【ランキング表】
BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

 シリーズ累計発行部数が1億7600万部を突破した人気コミック『ONE PIECE』の全56巻が、12/21付オリコン“本”ランキングコミック部門で上位200位以内にランクインした。12日からの公開2日で興行収入10億円を突破した劇場最新作『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』のヒットや、映画公開に先駆けたユニークな話題作りなどで注目を集め、シリーズ全体のセールスを後押しした。

 『週刊少年ジャンプ』1997年34号より連載を続ける同作は、主人公のモンキー・D・ルフィ率いる麦わら海賊団が“ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)”を探し大海原を航海する冒険漫画。その人気は海外にも飛び火し、現在25を超える国と地域で刊行されている。

 今年に入ってからのシリーズ全体の売上げ部数を見ると3月から除々に加速していき、夏休みに入ってからはさらに上向き。今月12日に映画が公開されてからは、4日に発売された最新56巻と共に全体の売上げが急上昇している。各巻別の売上は、前半の1〜5巻までと50巻以降が伸びており、新規ファンを獲得したことが伺える。

 この好セールスの鍵を握ったのはシリーズ最新映画の公開。作品の魅力はさることながら、今回は著者・尾田栄一郎自らが製作総指揮を務め、新たにストーリーを書き下ろしたことで注目度も高まった。例年3月に公開されてきたシリーズだが、今回は12月に変更、公開前にテレビアニメで映画の前編ともいえるストーリーを放送したことなどがムードを一層盛り上げた。また、連載誌、コミックス、テレビアニメ、その他イベントなども複合的にプロモーション効果を上げ、『ONE PIECE』という作品自体の魅力を世に伝えるきっかけを作った。

■調査協力店
旭屋書店、アニメイト、Amazon.co.jp、紀伊國屋書店、くまざわ書店、コミックとらのあな、三省堂書店、三洋堂書店、セブンアンドワイ(WEB通販)、TSUTAYA、戸田書店、明屋書店、フタバ図書、丸善、漫画全巻ドットコム、未来屋書店、八重洲ブックセンター本店、有隣堂、楽天ブックス、リブロ、WonderGOO ほか全国書店1717店舗(WEB通販含む)※7月6日付現在(五十音順)

■オリコン“本”ランキング
書籍を販売している全国の書店およびWEB通販の週間売上をもとに全国推定売上部数を算出し順位を確定。「BOOK」「コミック」「文庫」の主要3ランキングと、「新書」「ビジネス書」を毎週木曜日に発表する。今後も月曜日分の売上から翌日曜日分までの売上を週間ランキングとして集計。それらをもとに月間ランキング及び年間ランキングも発表する。

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。



【ランキング表】 BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

オリコントピックス