• ホーム
  • 映画
  • 嵐、10年ぶり5人共演ドラマに「5人で1つの楽屋は新鮮」

嵐、10年ぶり5人共演ドラマに「5人で1つの楽屋は新鮮」


■その他の写真ニュースはこちら

 今年デビュー10周年を迎えた人気グループ・嵐のメンバー全員が、このほど行われた約10年ぶりにドラマ共演する新春放送ドラマ『最後の約束』(フジテレビ系)の発表会見に出席。久々の共演に松本潤は「お芝居の現場に入って、5人で1つの楽屋だったのは新鮮」としみじみ。リーダーの大野智も撮影を振り返り「なんか、不思議ですよ。早く画面で見たい」と斬新な感覚に胸を躍らせた。会見では主題歌として、書き下ろし楽曲「空高く」(リリース未定)が起用されることが併せて発表された。

 絆をテーマに描かれる同作は、占拠事件が発生したビルに、偶然居合わせた5人の男たちと、彼らと絡む人々の人間模様などを描く本格サスペンス。1999年放送のミニドラマ『Vの嵐』(同局系)以来、再びメンバー全員とドラマ共演を果たす二宮和也は「5人揃って1つのものが作れることは幸せ」。櫻井翔も「役に入っていくメンバーを見るのは新鮮でした」と喜びを隠せない様子だった。

 ドラマの見所を聞かれた相葉雅紀は「5人がビルに監禁されるという、“ファンタジー”のようなリアリティがある」と、およそサスペンスとはかけ離れた感想を述べ、キャストおよび関係者を大コケ。松本は「ファンタジー要素はありません!」とキッパリ否定し、「スピード感のあるストーリー。無駄がなくて、それぞれのキャラが、それぞれのストーリーを背負ってます」と補足し笑わせた。

 会見にはそのほか、共演者の黒木メイサ、大塚寧々、藤木直人、津川雅彦らも同席。津川は「このファンタジーを面白くしたいね」と“天然キャラ”を発揮した相葉をさりげなくフォロー。一方で「さっきから黒木くんを見てると、目線が松本くんへ。松本くんも黒木くんの方へ目線が行ってる。黒木くんの次のお相手は松本くんかなと心配してます」と黒木に“共演者ネタ”でブラックジョークをかませ、笑いを誘っていた。

 新春スペシャルドラマ『最後の約束』は2010年1月9日(土)、後9時から後11時10分まで放送。



タグ

オリコントピックス