“歌声”に魅力を感じるアーティストは?

 今年はマイケル・ジャクソン作品のヒット、カーペンターズのリバイバルヒット、ビートルズのリマスター版CDの発売など、洋楽シーンは盛り上がりを見せた。そんな今年の洋楽シーンにラストスパートをかけるかのように、イギリスのオーディション番組から生まれた新歌姫、スーザン・ボイルが、美しい“歌声”で世界を虜にしている。

 そこで、邦楽よりもより際立ち、洋楽アーティストならではの魅力の“歌声”に着目し、オリコンでは“歌声に魅力を感じる洋楽アーティスト”を20代〜40代までの男女、600人にインターネット調査を実施したところ、昨年紅白の出場で話題を呼んだアイルランド出身、世界の歌姫【エンヤ】が支持率36.8%を獲得し1位に輝いた。

 1位の【エンヤ】は、「歌声がもっとも耳に心地よい。」(東京都/30代/男性)など、彼女の代名詞ともいえる「癒し」の歌声に賛同する意見が圧倒的に多く、男女共に1位を獲得。また、彼女の独特な世界感に歌声の魅力を感じる声も多かった。なお、12月2日に発売されたアルバム『エンヤ〜オールタイム・ベスト 』は12/14付週間アルバムランキングで6位にランクインしている。

 続く2位は、支持率34%を記録した抜群の歌唱力を誇る【マライア・キャリー】。「低音も高音も、安定してきれいだから。」(東京都/20代/女性)や「音域が広く聴いていて引き込まれてしまう。」(岐阜県/40代/女性)と音域の広さが高く評価されている。この季節、「恋人たちのクリスマス」などマライアの曲に触れる機会も多く、20代からはエンヤを上回るNo.1の支持(32.5%)を集め、若い世代からの人気が高かった。

 一方、男性アーティストで最も高い支持を得たのは、キング・オブ・ポップ【マイケル・ジャクソン】(支持率29.8%)。「誰にもまねできないオンリーワンの声」(東京都/40代/女性)、「声にとっても特徴があり忘れることが出来ない」(東京都/40代/女性)など圧倒的な存在感が魅力に繋がっている。また、「『THIS IS IT』を観て、あらためてスゴいと感じた」(愛知県/40代/女性)など映画が影響している意見も目立った。

 なお、TOP10内に女性アーティスト8人ランクインするなど、女性の歌声に支持が高い結果となった。【スーザン・ボイル】は、40代からの支持が高く11位にランクイン。12.5%の支持を集め、大物アーティストに肩を並べ大健闘を見せた。



 enya



タグ

オリコントピックス