• ホーム
  • 音楽
  • 米R&BシンガーのNe-Yo、別名義でw-inds.に楽曲提供

米R&BシンガーのNe-Yo、別名義でw-inds.に楽曲提供

■その他の写真ニュースはこちら

 米R&BシンガーでプロデューサでもあるNe-Yo(ニーヨ)が、日本の人気グループw-inds.に楽曲を提供していることが、わかった。所属レーベルが29日に伝えた。12月9日に発売されるシングル「New World/Truth〜最後の真実〜」に収録される「Truth〜最後の真実〜」という楽曲で、“Shaffer Smith”という実名の作家名を持つNe-Yoが「Smith/ Howard」という共同名義で作品に参加。w-inds.のメンバー橘慶太は「僕らもNe-Yoのすごいファンだったので、楽曲提供の話は嬉しかったです」とコメントしている。

 Ne-Yoは、w-inds.の表現するダンスミュージックのポテンシャルに賛同し、「Truth」(真実)をキーワードにした楽曲を制作。「She’s the truth」という曲中にある言葉の通り、「彼女こそ真実」と歌ったこの曲は1人の女性をリスペクトしたラブソングのスタイルでありながら、世界中の女性に対しての敬意の念を込めた作品に仕上がった。 6月に急逝した故・マイケル・ジャクソンもその才能を絶賛していたというNe-Yoだが、日本人との接点もあり、2007年には、Utada(宇多田ヒカル)とのデュエット曲「Do You feat. Utada」を発表している。今回の邦人アーティストへの楽曲提供も話題を呼ぶことになりそうだ。


 w-inds.Ne-Yo





関連写真

  • 写真はw-inds. 
  • Ne-Yoによる作品が収録されたシングル「New World/Truth〜最後の真実〜」 

オリコントピックス