• ホーム
  • 芸能
  • 渋谷・原宿に相次いで出現 “人が浮く”広告とは?

渋谷・原宿に相次いで出現 “人が浮く”広告とは?

■その他の写真ニュースはこちら

 東京・渋谷のファッションビル『SHIBUYA109』に17日、海外ドラマシリーズ『HEROES 3』のDVD発売プロモーションとして“宙に浮く人”の屋外広告が登場。ワイヤーで吊るしているわけでもないのに、2階ほどの高さの壁に片手を付いた状態で人が宙に浮いているパフォーマンスを披露し、集まった人や通行人を驚かせた。

 さらに同日のほぼ同時間帯、渋谷のお隣、原宿にも“宙に浮く人”が出現。同日、リニューアルオープンしたアイウェアショップ『JINS(ジンズ)原宿店』の店頭では、“JINSMAN(ジンズマン)”というキャラクターに扮した人物が高さ2メートルほどの壁に片手をついて“浮いた”。

 こちらは新商品『Air frame』の発売を記念して、先着1000名に約15グラムという驚異的な軽さの同商品をサンプリングするキャンペーンも実施したため、早朝から行列を作った人々や通行人らが宙に浮く“JINSMAN”を目撃。懸命にカメラ付き携帯電話を向けるなどしてにぎわった。20日(日)まで、気まぐれに宙に浮く予定だという。

 ちなみにこの企画を展開した代理店2社は、至近距離の2ヶ所で“人が浮く”広告が登場したのは、お互いに「知らなかった」そうで、まったくの偶然。だだネタ元は同じで、ドイツ人の路上パフォーマーが始めたパフォーマンスの画像や映像がインターネットの動画投稿サイトなどを介して世界中で話題となり「これをヒントに“人が宙に浮く”仕掛けを開発した」(『HEROES』のイベント関係者)という。

 偶然、見かければ驚かずにいられないこの不思議なパフォーマンス。今後、インパクトのある屋外広告として、街中で“宙に浮く人”も珍しくなくなるかもしれない。



【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 宙に浮く“JINSMAN” 
  • SHIBUYA109に出現した“宙に浮く人” 
  • SHIBUYA109に出現した“宙に浮く人” 
  • SHIBUYA109に出現した“宙に浮く人” 

オリコントピックス