• ホーム
  • 音楽
  • 福山雅治が新アルバムで1位、ソロとして今年最高の初動売上

福山雅治が新アルバムで1位、ソロとして今年最高の初動売上

■その他の写真ニュースはこちら

 シンガー・ソングライター福山雅治の2年7か月ぶりニューアルバム『残響』が7/13付の週間アルバムランキングで首位に初登場した。福山のアルバム首位獲得は、2006年12月発売の『5年モノ』に続いて2作連続通算7作目。発売1週目で26.1万枚を売上げた同作は、今年1月発売の倖田來未『TRICK』が記録した初動25.3万枚を上回り、2009年ソロアーティストとして最高の初動売上げを記録した。

 デビュー20周年のメモリアルイヤーに突入した福山の10thアルバムとなる同作は、フジテレビ系ドラマ『ガリレオ』の主題歌として知られる、、柴咲コウとのユニット““KOH+”の楽曲「最愛」のセルフカバーバージョンや、今年5月に発売されたフジテレビ系ドラマ『魔女裁判』主題歌の「化身」を収録。その他、映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』の主題歌として親しまれた「東京にもあったんだ」なども収められている。


 福山雅治KOH+

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。




タグ

オリコントピックス