• ホーム
  • 音楽
  • 水谷豊、23年ぶりの全国ツアー開始「緊張には慣れてます、とはいえ…」

水谷豊、23年ぶりの全国ツアー開始「緊張には慣れてます、とはいえ…」

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 俳優で歌手の水谷豊が、23年ぶりに全国ツアーを開催。25日の神奈川県・厚木市文化会館大ホールでの初日公演本番前に水谷は、「緊張には慣れてます」としながらも「とはいえ今日は大きい緊張ですね。まあ、オッケーという感じで軽くやります」と話し、ステージでは「はーばーらいと」「カリフォルニア・コネクション」など全22曲を披露、1500人のファンを喜ばせた。

 ドラマ・映画『相棒』シリーズの杉下右京役で俳優としての活躍が目立っていた水谷が、22年ぶりにアルバム『TIME CAPSULE』(セルフカバー集)を発表したのが2008年の5月。満を持しての歌手活動再開に、世間の注目も高まった。さらに今年5月には、新曲「大丈夫だよ/シルエット」を発表し、28年ぶりにシングル・ランキングTOP20入りを果たす(5/18付初登場17位)。

 人気の勢いは止まるところを知らず、当初は7月4日からスタートする予定だった23年ぶりのツアー『TIME CAPSULEツアー 2009』は、全4公演分のチケットがあっという間に売り切れ。新たに9公演が追加されて、この日の初日公演を迎えることになった。

 水谷は今回の全国ツアーについて「久しぶりすぎて実感が無いですね。少なくとも皆さんに楽しんでもらえるようがんばります」と話している。アンコールでは、1980年9月発売された日本テレビ系ドラマ『熱中時代』主題歌「やさしさ紙芝居」も披露された。

■水谷豊の公式ホームページ


 水谷豊



【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 23年ぶりの全国ツアーがスタート 
  • 「緊張には慣れている」とステージではのびのび 
  • 「カリフォルニア・コネクション」など22曲を披露 
タグ

オリコントピックス